今では現代病の一つと言われている「アレルギー」

ワンちゃん達の世界でも深刻で、皮膚トラブルを抱えていたり病気で苦しんでたりする子が多いそうです。そんな愛犬を持つ飼い主さんは毎日の食事(フード)選び本当に大変ですよね。

今日はそんなアレルギーが心配なワンちゃん達にオススメの、ニュージーランドからやってきた「アディクションドッグフード」をご紹介します。

スポンサーリンク

アディクションドッグフードについて

アディクション社はニュージーランドのベイオブプレンティに自社工場を持つペットフードメーカーです。

ニュージーランドは世界で最もクリーンな環境の国の一つとして知られており、国内においてBSEや口蹄疫は発生しておらず(2016年2月現在)食肉には人口のホルモン剤やステロイド等の心配もありません。

農業が主要産業であるため政府は、牛や羊、馬、鶏達を全力で守ります。

アディクション社はアレルギーで皮膚トラブルを抱えていたり、病気で苦しんでいたりする多くの犬猫を見てきたホリスティック獣医師や栄養学者によって創業された会社で、ペットのアレルギーや病気を少しでも改善したいと考え次のような理念を掲げて商品作りに取り組んでいます。

1、人口保存料・香料・着色料等や副産物を使用しないこと
2、アレルギーに配慮した最高品質のタンパク質源のみを使用すること
3、未加工で最高品質の食材のみを使用すること
スポンサーリンク

アディクションドッグフードの種類

アディクションには以下の5種類のフードがあります。

ワイルドカンガルー&アップル(カンガルー肉)

ビバ・ラ・ベニソン(鹿肉)

サーモンブルー(サーモン)

ル・ラム(ラム肉)

ラ・ポルケッタ(ポーク/フラックスシード)

この中から今日は「ワイルドカンガルー&アップル」と「サーモンブルー」をご紹介。

*ワイルドカンガルー&アップル

名前の通りニュージーランドらしくカンガルー肉がメインのドッグフードになります。

オーストラリアの大自然で育った野生のカンガルーは体脂肪2%の超低脂肪な肉質で、高たんぱく質低アレルゲン低脂肪なお肉。

また、ペクチンが豊富なリンゴやハーブ類、フルーツ類も加えて愛犬の健康をサポートしてくれるレシピになっています。

こちらは450gサイズ。袋から出してみました。

粒は平らな円形の小粒です。こんなに小さい。厚みがないので食べやすそう!

原材料
ドライカンガルー肉、ポテト、タピオカ、エンドウ豆、鶏脂肪(鶏たん白質除去)、リンゴ、ブルーベリー、クランベリー、パパイヤ、マンゴー、バジル、オレガノ、ローズマリー、タイム、サンフラワーシード、カモミール、ペパーミント、ツバキ、天然香料、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、硝酸チアミン、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、ビタミンB12、ビタミンD3、葉酸、塩化ナトリウム、タウリン、塩化コリン、硫酸マグネシウム、硫酸亜鉛、硫酸第一鉄、炭酸カルシウム、硫酸銅、硫酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト、亜セレン酸ナトリウム、酸化防止剤(ローズマリーエキス、緑茶エキス、スペアミントエキス)
保証成分
保証成分値 たん白質 22%以上
脂質 11%以上
粗繊維 6%以下
水分 10%以下
灰分 11%以下
代謝カロリー 340.9kcal/100g オールステージ対応総合栄養食

原材料でポテト、タピオカ、えんどう豆などの炭水化物が多いのが気になります。

給与量の目安

体重 - 5.5kg 5.5kg - 11.5kg 11.5kg - 23kg 23kg - 46kg
給与量(成犬) 56.6g - 113g 113g - 226g 226g - 452g 452g - 678g

※仔犬期・妊娠授乳期は、上記のめやすの1.5倍~倍量を1日3~4回に分けて与えて下さい。
※新鮮な水が常に飲めるようにしておいて下さい。
※直射日光を避け、涼しく乾燥した場所で保管して下さい。※開封後はなるべくお早めにご使用下さい。

給与量はかなりアバウトですので気をつけてくださいね。

次にお魚のフード「サーモンブルー」をご紹介します。

サーモンブルーはサーモンがメインのドッグフード。

太平洋を回遊する天然のサーモンと、抗酸化作用や泌尿器系ケアの作用を持つポリフェノールを豊富に含むクランベリーやブルーベリーを使用したレシピのグレインフリーフードです。

オメガ3脂肪酸(EPA/DHA)も豊富に含んでいるところが嬉しい。

サーモンブルーはお肉にアレルギーがあるワンちゃんにオススメのフードになります。

原材料
ドライサーモン、エンドウ豆、ポテト、鶏脂肪(鶏たん白質除去)、タピオカ、フラックスシード、天然香料、塩化ナトリウム、ドライケルプ、ドライクランベリー、ドライブルーベリー、ドライほうれん草、ビール酵母、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、硝酸チアミン、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、ビタミンB12、ビタミンD3、葉酸、タウリン、塩化コリン、硫酸マグネシウム、硫酸亜鉛、硫酸第一鉄、炭酸カルシウム、硫酸銅、硫酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト、亜セレン酸ナトリウム、酸化防止剤(緑茶エキス、ローズマリーエキス、スペアミントエキス、ミックストコフェロール)
保証成分
たん白質 24%以上
脂質 13%以上
粗繊維 3%以下
水分 10%以下
灰分 10%以下
代謝カロリー 346.0.kcal/100g
お魚のフードなのでフードの色はやや白っぽいですね。
袋の口はしっかりジッパーがついていました^ ^
粒の大きさはカンガルーとほぼ一緒です。
給与量の目安
体重 - 5.5kg 5.5kg - 9.5kg 9.5kg - 22.5kg 22.5kg - 45kg
給与量(成犬) 57g - 114g 114g - 171g 171g - 342g 342g - 570g

アディクションフードの商品情報

価格・サイズ 450g:1,782円 1.8kg:5292円 5.4kg:14,580円
産地 ニュージーランド
商品の特徴 ・グレインフリー

・ヒューマングレードの原材料

・人口保存料、香料、着色料、無添加

・アレルギーに配慮した最高品質のタンパク質源のみを使用

動物性タンパク質 カンガルー・ベニソン(鹿肉)・サーモン・ラム・
カロリー 340.9kcal/100g(カンガルー) 428.5kcal/100g(ベニソン) 346.0kcal/100g(サーモン) 324.0kcal/100g(ラム)
おすすめ成長段階 アディクションフードはどれも全らオフステージ対応になっております。 子犬期は1.5倍〜倍量を1日に3~4回に分けて与えてください。 逆にシニア期は少なめに、愛犬の体重を見ながら調整してみてください
うんちの量 若干多め

まとめ

最後に今日ご紹介したカンガルーとサーモンの粒を比較してみますね。

気持ちカンガルーの方が小さめなのがわかります。

アディクションドッグフードは、鶏肉由来のアレルギーのリスクがありません。

愛犬のお肉のアレルギーで困っている方には、ぜひ一度試していただきたいフードです。

アディクションフードの最安値

ニュージーランドからやってきたアディクションフードは、公式サイト、代理店、アマゾン、楽天、ヤフーショッピングなどで取り扱いがあります。

代理店では日本橋三越のジョーカー、グリーンドッグなどにおいてありますよ。

ポイントが付く分お安くなるのでお近くだったらおすすめです。

今日現在の最安値はアマゾンでした。

各通販サイトはこちらからチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事