食欲不振のワンちゃんには水分たっぷりチルドフードがおすすめです

今年の梅雨は長いですね。

7月ももう半ばだというのにまだ6月?と錯覚してしまうほどうっとうしい日が続いていますが、ワンちゃんの体調はいかがでしょうか?

犬も人間と同じでジメジメした梅雨時期や暑い夏は食欲が落ちます。

人間はスタミナつけて暑さを乗り切らなきゃとうなぎや焼肉など食べますが、ワンちゃんのご飯はどうでしょう?

1年中同じ?カリカリのドライフードだけ?夏だからって特に考えたことはない?

今日はそんな飼い主さんに、この時期だからこそ特にオススメしたいとっておきのドッグフードをご紹介します。

こちらの記事も合わせてどうぞ


スポンサーリンク

Butch(ブッチ)・ドッグフードについて

ブッチのドッグフードは、環境規制、検疫体制が世界一厳しいニュージーランド産。

ニュージーランドの新鮮な牛肉・ラム・チキン・魚を主原料に作られる限りなく生肉に近い“無添加”チルドフードです。

このソーセージみたいなミートロール型のフードは、日本ではまだなじみがないですが欧米諸国では一般的で年間600万本以上生産するチルドフード界のパイオニア的存在で、世界中の動物園や日本でも日本レスキュー協会、動物保護管理センター、日本補助犬協会などで使われているほどです。

また、ブッチの原材料は全てニュージーランドにおいて最高クラスのものが用いられ、それら全て飼育から加工、製品化されるまでのトレーサビリティが保証されている人と同じヒューマングレードの原材料です

ミートフードの特徴

豊富な水分含有量

ブッチチルドフード最大の特徴は、肉食動物にとって理想的な水分含有量を実現している点です。

自然界の肉食動物たちは、生肉から水分をたっぷり摂ることで消化吸収を促し、健康を維持しています。スムーズな消化吸収のおかげでお肉の栄養成分が体内に十分に吸収されるので、野生動物たちはほとんど肉のみの食生活でも動物本来のたくましさを発揮できるのです。

ブッチも生肉と同じ70%の水分含有量。毎日の食事でしっかりと水分を摂取することで、消化吸収による体力や内臓の消耗を防ぎ健康的な代謝サイクルへ導くので、ストレスなく体に負担がありません。

自然の栄養成分を生かす独自の加熱処理

フードの加熱処理は高温より低温の方が栄養価の破壊がなく良いことはご存知だと思います。

ブッチもまた100℃未満の低温で15分以内に全体を加熱後、すぐにパッケージ包装することで、素材の持つ自然な栄養価が損なわれず栄養と一緒に風味や匂いもそのまま残るので、食いつきが断然違います。

また、調理から梱包までの全ての製造工程を、ニュージーランド食品衛生関連省庁である第一次産業省(MPI)からライセンスを得た工場でのみ行なっています。

新鮮で安全なニュージーランド産ミート

ニュージーランドは食に対する意識が非常に高く、輸出される食肉はドッグフード・キャットフードであっても必ず第一次産業省の厳格な検査を受ける必要があります。

ブッチのフードには人間のための食肉と同様に検査に合格したヒューマングレードのビーフ・ラム・チキン・フィッシュ等の原材料のみを使用しています。

スポンサーリンク

ブッチ・ドッグフードの種類

 

ブラック・レーベル

ブラックレーベルは、新鮮で美味しいニュージーランドのビーフ・ラム・チキンと野菜類をブレンドし、オメガ3脂肪酸とケルプ各種ミネラルを配合したドッグフード。

3種類あるフードの中で一番人気がこちらのブラックレーベルです。

どれがいいか迷った場合は、まずはこちらをお選びください。

ブラック・レーベルの原材料
ビーフ(生)33%、ラム(生)25%、チキン(生)18.5%、大豆 8.5%、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)7.7%、穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)2.5%、玄米(破砕・ゆで)2.3%、魚油(オメガ3脂肪酸)1.3%、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)1%、ビタミン・ミネラル類(ビタミンA、ビタミンB1[チアミン]、ビタミンB2、ビタミンB3[ナイアシン]、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、パントテン酸カルシウム、カルシウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、塩化コリン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン)0.1%、ケルプ(海藻)0.1%
*2019年7月末より原材料にフィッシュ(サバand/orマグロ)とココナッツが追加されます
 原材料からコーン種皮が除かれます。

切り口の断面はこんな感じにお肉がぎっしりで、みずみずしい。

70%もの水分量があるので硬くなく柔らか過ぎずのちょうど良い感じ。

私は適当に大きくカットしましたが、小型犬やパピーにはもっと小さくカットしたりフォークなどで潰してあげても良いですね。

パッケージに100gずつのメモリがついているのでこの線に沿ってカットすればOKですよ。

保証成分
粗タンパク質 10.5%以上、粗脂肪 8.0%以上、粗繊維 1.0%以下、粗灰分 3.1%、カルシウム 0.67%、リン 0.53%、水分 70%以下、塩分 0.3%以下 カロリー 121.4kcal/100g

ホワイト・レーベル

ホワイト・レーベルは消化器系や皮膚が敏感で赤身肉が苦手なワンちゃんに最適です。

フードの80%が新鮮で高品質なニュージーランド産チキンを使用し、穀類は僅か6%に抑えられ野菜、オメガ3 脂肪酸とケルプ、そして各種ビタミン及びミネラル類を配合したドッグフード。

ブッチのホワイトレーベルは、アレルギー等、消化器系や皮膚が敏感で、赤身肉が苦手な犬にとって最適な、赤身肉と小麦類を一切含まないフードなのです。そのためホワイトレーベルの製造には、工場内の全ての製造設備が洗浄され、赤身肉の痕跡が一切ない状態になってから製造される徹底ぶり。

ホワイト・レーベルの原材料
チキン(生)80%、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)7.5%、大豆 4%、穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)4%、玄米(破砕・ゆで)2%、魚油(オメガ3脂肪酸)1.3%、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)1%、ビタミン・ミネラル類(ビタミンA、ビタミンB1[チアミン]、ビタミンB2、ビタミンB3[ナイアシン]、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、パントテン酸カルシウム、カルシウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、塩化コリン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン)0.1%、ケルプ(海藻)0.1%
*2019年7月末より原材料にフィッシュ(サバand/orマグロ)が追加されます
保証成分
粗タンパク質 10.5%以上、粗脂肪 8.0%以上、粗繊維 1.0%以下、粗灰分 3.6%、カルシウム 0.56%、リン 0.5%、水分 70%以下、塩分 0.3%以下 カロリー 123.3kcal/100g
こちらは断面です。白い所チキンがゴロゴロ見えますね。

こちらも食べやすいようにカットもしくは潰して与えてください。私はザクザクっと適当にカットしましたが…。

ブルー・レーベル

ブルーレーベルは、犬と猫両方に与えられるミートフードです。

高品質で新鮮なニュージーランド産チキンをメインに新鮮な魚肉(生のムロアジ)、オメガ3、パセリ、ケルプ、各種ビタミンとミネラルそしてユッカが配合されたフードになります。

ブルー・レーベルの原材料
チキン(生)67%、フィッシュ(全体/ムロアジ等)25%、玄米(破砕・ゆで)3.5%、穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)2%、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)1%、魚油(オメガ3脂肪酸)1%、パセリ 0.2%、ケルプ(海藻)0.1%、ビタミン・ミネラル類(ビタミンA、ビタミンB1[チアミン]、ビタミンB2、ビタミンB3[ナイアシン]、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、パントテン酸カルシウム、タウリン、カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、塩化コリン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン)0.1%、ユッカ 0.1%
*2019年7月末より原材料のにフィッシュが(サバand/orマグロ)変になります。
 原材料からコーン種皮が除かれ、ココナッツが追加されます。
成分値
粗タンパク質 11.0%以上、粗脂肪 8.0%以上、粗繊維 1.0%以下、粗灰分 3.4%、カルシウム 0.57%、リン 0.52%、水分 70%以下、塩分 0.3%以下 カロリー 125.7kcal/100g
ブルーレーベルの断面はこんな感じです。ナイフを入れるとほら、水分たっぷりなのがわかります?
3種類の中で一番水分が多いからかみずみずしく柔らかい感じです。
こちらもメモリに沿ってカットしてくださいね。
写真は2kgのものなのでメモリも250gづつとなっています。体重10Kg以上のワンちゃんや我が家みたいに多頭飼いの方にはこちらの容量の方が割安ですし扱いやすいですよ。
パッケージにはしっかりアレルゲンガイドが表記されています。
全ての商品は糖類、小麦、グルテン、イースト、人工調味料・香料などすべて無添加です

ブッチの基本情報

価格・サイズ 800g:1,404円、2kg:2,808円、 800g×3初回お試しセット=3,000円送料無料) 定期コースは10%OFF
産地 ニュージーランド
商品の特徴 無添加、グルテンフリー

水分含有量70%で犬の体に優しい

高タンパク低脂肪

・肉だけでは得られない栄養素を効率よく補える

100℃未満の低温加熱

・フィルムタイプでゴミがでなく後片付けも簡単

・柔らかいのでシニア犬にもオススメ

・AAFCO(全米飼料検査官協会)の定める全成長段階対応の基準をクリアした総合栄養食

人間用と同じヒューマングレードの原材料

オススめ犬種・成長段階 全犬種オールステージ対応
総代理店 (株)ブッチ・ジャパン・インク
うンチの量 少量

よくある質問

どのように保管すればいいですか
要冷蔵商品ですので、2~8℃の冷蔵庫内で保管をお願いいたします。 開封後は7〜10日目安に消費してください。 諸条件により保存状況が異なりますので、お早めにお使いください。
ブッチの製品は冷凍できますか?
可能です。ブッチの製品は冷凍しないフレッシュな状態がベストですが、冷凍することで長期保存がすることができます。 そのまま1本冷凍してしまうと、あとでスライスするのに手間がかかってしまうので、7~10日間で消費できる量を冷蔵庫に保管し、残りを1食分ずつに小分けして冷凍保存することをおすすめしております。 下記の手順できちんと保存されていれば、賞味期限までの約6ヵ月ほど冷凍保存が可能です。 <冷凍方法> 1)清潔なナイフを用意し、パッケージ裏面の供与量ガイドラインを参考に、フードを1食分ごとに小分けしてスライスします。 2)小分けしたフードをひとつずつラップで包みます。 ※ラップとフードをピッタリ密着させて空気を閉め出すことが、品質の保持につながります。 3)ラップしたフードを大きめのフリーザーバッグ等にまとめて冷凍庫に保管します。できるだけ急速に冷凍することが理想的です。 ※バッグ内の空気をしっかり閉め出すことで、冷凍焼けが防げます。 <解凍方法> ・自然解凍の場合は、翌日に与える分を事前に冷蔵庫に移して解凍してください。 ・電子レンジで解凍する場合は、一般的な家庭用電子レンジ(500~600W)で30~40秒ほど加熱してください。温めすぎると製品が溶け出しますので、様子を見ながら加熱してください。 ※品質の劣化を招くため、一度解凍した後の再冷凍はできません。
ブッチの製品はペットの年齢に関係なく与えられますか?
ブッチの製品は、犬や猫の食性にあわせた新鮮な肉類や魚を主原料とした総合栄養食のため、幼犬・幼猫からシニアの犬・猫までのすべての年齢ステージに対応しております。 長年の研究成果のもと、犬や猫の食に求められるあらゆる栄養素をバランスよく満たせるよう開発しております。 <離乳期に与える場合> フォーク等でよくつぶし、水を少し加えてゆるめにして、日に3~4回に分けて与えることをおすすめしております。 <妊娠中に与える場合> 妊娠中は、5週目から通常の15%増やした量を与えることをおすすめいたします。 ※体重別の供与量は、パッケージ裏面および各レーベルの供与量ガイドラインをご確認ください。
それぞれどれぐらいの大きさですか?
・600g:直径6.5cm×長さ20cm ※500mlペットボトルより、ひとまわり小さいくらいです。 ・800g:直径7.0cm×長さ25cm ※500mlペットボトル位の大きさです。 ・2Kg :直径9.0.cm×長さ32cm ※1.5Lペットボトル位の大きさです。
焼いたり温めたりしても大丈夫ですか?
焼いてしまうと、消化吸収をスムーズにするために高く保持している水分量が蒸発してしまいます。 冬などの寒い時期にあたたかい食事を与えたい場合は、500~600Wで30秒ほど温めて与えることをおすすめしています。

給餌量

ブラック・レーベル供与量ガイドライン/1日あたり(2012.11改訂)
サイズ / 体重 供与量 カロリー
トイ / 2kg 135g 162kcal
小型 / 5kg 265g 315kcal
中型 / 10kg 450g 540kcal
大型 / 20kg 750g 900kcal
超大型 / 30kg 1,245g 1,500kcal
ブッチは一般的なドライフードよりちょっと割高です
5kgの小型犬の場合でも1ヶ月1万円ぐらいかかる計算になります。1日350円ほどでしょうか。
“犬も大切な家族の一員”と考えると決して高くはないと思いませんか?

ブッチの保存方法

ブッチは要冷蔵商品のチルドフード

開封後残ったブッチは、フレッシュキャップをかぶせるか、ラップで切り口をしっかりカバーし輪ゴムなどでとめて冷蔵庫内で保存して1週間以内で使い切ってください。

使いきれない場合は小分けに分けて冷凍保存をオススメします。冷凍すれば半年は風味を落とさずに保管できますよ。専用のキャップも別売されてますが、初めての方はお試しセットにキャップもついてきますので便利!

まとめ

犬や猫、彼らの食性を考えると生肉に近いウエットフードは理想でしょう。

ワンちゃん達だってその方が嬉しいし、カリカリのドライフードよりも美味しいと思うに違いありません。

私たちだって毎日シリアルだけ食べるなんてとても無理。

言葉で訴えられない愛犬に、暑い夏こそブッチの安全で美味しいチルドフードを与えてみませんか?

水分含有量が多いブッチのフードは、熱中症対策にもなって梅雨時期や暑い夏にピッタリなんです

ブッチに出会って4年。特にお留守番させることが多い我が家では、夏は特に外せない定番フードとなっています。

ブッチは他のどのフードより消化吸収にも優れ、うんちの量が“えっ、たったこれだけ?”と驚いたほど少ないです。(飼い主にとってはこれが一番ありがたい)

夏真っ只中連日34℃、ワンちゃん達だって夏バテや食欲不振になります。

そんな時のために冷蔵庫にブッチのチルドフード常備してあげましょう。みるみる元気になりますよ。

まづは、ブラック・ホワイト・ブルーの3種類それぞれ800gの初回限定お試しセットがオススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事