肝臓の数値が高いワンちゃんのためのおすすめ低脂質ドッグフード6選

血液検査で肝臓の数値が高いと言われウルソなどのお薬を処方されているワンちゃんも多いですよね。

腎機能と並び肝機能低下もシニア期に入ったワンちゃんに多い病気です。

肝臓は脂肪の代謝や解毒、血液の流れを調節したり消化促進を促したりする作用がありますが、シニア期になってくると代謝機能が落ちてくるためフード選びも注意しなければなりません。

一般的にシニア期用のドッグフードは、成犬用よりも脂質の成分値は低めですが、中にはオールステージ対応だったり、シニア用でも割と高脂質なフードもあります。

そこで今日はドッグフードの中でも比較的脂質を抑えた低脂肪のドッグフードを集めてみました。

まずは肝臓のことを知りましょう。

スポンサーリンク
ブラバンソンヌ『300円お試しセット』

スポンサーリンク

犬の肝臓の働きについて

肝臓は酸素を豊富に含んだ心臓からの血液と、腸で吸収された栄養素を含んだ血液が集る所で、次のような働きをしています。

《肝臓の主な4つの働き》

*タンパク質の合成 

食事中に含まれるタンパク質は、腸でアミノ酸に分解吸収され、血液によって肝臓に運び込まれます。肝臓ではこのアミノ酸を原料として、体に必要なタンパク質やいろいろな酵素を作り各組織へ送り出します。

*ブドウ糖の代謝

食事中のデンプン質や糖分は、腸で消化吸収されブドウ糖となり血液によって肝臓に運び込まれます。ブドウ糖は身体が活動するためのエネルギー源ですが、余分なものは肝臓でグリコーゲンとして貯蔵されます。そして、血液中のブドウ糖が不足すると蓄えていたグリコーゲンを再び分解して血液中に放出します。

*脂質の代謝

脂肪酸を分解してコレステロールを産生します。

*解毒作用

肝臓は、タンパク質を分解したときにできるアンモニアなど、身体内に生じた有害物質や外から取り込まれた薬物や有害物質を解毒し無害なものに変えます。

その他にも胆汁や血液凝固因子の生成、老化した赤血球の分解などたくさんの機能を担っている言わば工場のような臓器なのです。この胆汁は脂質の分解をサポートしてくれるのでとても重要になります。

肝機能が低下したら、低脂肪、低ナトリウム、低タンパク質が基本と言われていますが、タンパク質に関しては落としすぎないようにしましょう。

それでは “低脂肪でもしっかりタンパク質"なドッグフードをピックアップしました。(おすすめ順ではありません)

みらいのドッグフード(肝臓用)→脂質5%

みらいのドッグフードは自然の森製薬という日本の製薬会社が開発製造販売しているドッグフードです。

疾患ごとに13種類あり、最大の特徴は薬膳を基本とした療養食フードになります。

その中で肝臓用は最新動物臨床栄養学を導入した肝臓ケア用レシピとなっており、原材料は以下の通り漢方をはじめ注目の最新栄養成分が51種類以上も配合されている贅沢さです。

免疫力を高めるアガリクスや霊芝などの漢方もふんだんに配合されているので、フードとは別にサプリを与える必要がありませんが、その分価格は高めになっています。

そして、未来のドッグフードはうんちの量は多めです。

原材料
大麦,生肉(鹿,魚),玄米,魚粉,サツマイモ,ロースト セサミ,菜種油,キノコ粉末(チャーガ,霊芝,メシマコブ,ハナビラタケ,アガリクス,冬虫夏草,タモギタケ,ヤマブシタケ,舞茸,カワラタケ),セルロース,イヌリン,オルニチン,サチャインチオイル&パウダー(耐熱性オメガ3脂肪酸),海藻(フコイダン),グルコサミン,ユーグレナ,スピルリナ,田七人参,高麗人参,紅豆杉,クランベリー,納豆菌,発酵野菜,クマザサ,青パパイヤ,プロポリス,秋ウコン,春ウコン,オリゴ糖,カルシウム,ビール酵母,乳清,乳酸菌群(フェカリス菌FK-23等),ブルーグリーンアルジー,クコの実,カテキン,羅漢果,甘草,キャッツクロー,メチオニン,紫イモ ※国産鹿肉&無農薬マクロビ食材を主体に漢方・サプリ成分・オメガ3など約50品種で構成。 ※原材料の多くは国産を使用しておりますが、日本で調達できない一部原料は海外産を使用しています。 海外産使用例)チャーガ(シベリア霊芝)…ロシア、紅豆杉…中国、サチャインチオイル&サチャインチパウダー…ペルー等
※グルコサミンについて…カニやエビなど甲殻類を使用せず、アレルギー反応を起こしにくい植物性の『発酵グルコサミン』を使用しています。
成分値
粗蛋白質19%以上、
粗脂肪5%以上、
粗繊維5%以下、
粗灰分6%以下、
水分10%以下
リン0.8%以下、
ナトリウム0.4%以下
330kcal/100g

詳しくはこちらから>>>

ヴィジョンズオリジナルフード(馬肉)→脂質5%

ヴィジョンズは楽天レビュー700件超の人気のあるドッグフードです。

メインのお肉も鶏肉、鯵、鹿肉、馬肉とありますが、一番肝機能にオススメなのは馬肉

ヴィジョンズも国産原料中心に厳選した素材を国内の工場で製造販売している安心できるドッグフードになります。

厳選された原材料がこちら

馬肉、国内産すなぎも、玄米、うるち米、国産大豆生おから、国産小麦、有機野菜栽培(さつまいも、かぼちゃ、にんじん、)すりごま、米ぬか、枕崎鰹節、米油、菜種油(リノレン酸)、卵殻カルシウム、ビール酵母、乳酸菌生産物質 ※乳酸菌生産物質は熱に弱いため、冷ましたフードに混ぜています。
成分値
粗タンパク 24.0%以上
粗脂肪 5.0%以上
繊維質 5.0%以下
水分 10.0%以下
カルシウム 2.5%以下
代謝エネルギー(ME) 300kcal/100g
詳しい記事はこちら

ブッチドッグフード→脂質8%

ブッチはニュージーランド産のドッグフードになります。

そしてドライフードでは無く、限りなくなま肉に近いソーセージ型の“無添加チルドフード”です。

ブッチのフードは我が家では夏場大活躍の定番フードで、水分含有量が多いので枯渇感の低下で脱水になりやすいシニア期にも適したフードと言えます。

こちらが切り口。ジュワッと水分たっぷりなのがわかりますよね。

固いものが苦手になってきたシニア期のワンちゃんにオススメです。

そして、ブッチには脂質代謝を円滑にする働きのあるビタミンB1,B2、コリン、ナイアシン、カルニチン素材そのものから摂れるレシピとなっています。

ブラックレーベルの原材料
ビーフ33%、ラム25%、チキン18.5%
2%以上~10%未満【フィッシュ(サバand/or マグロ)、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)、大豆、ココナッツ、米(破砕・ゆで)】
1%~1%未満【凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)、ケルプ、天然香料、ビタミン・ミネラル類(ビタミンD,E、Ca、塩化コリン、タウリン、亜鉛、鉄、チアミン、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、葉酸)】
成分値
粗タンパク質 10.5%以上、粗脂肪 8.0%以上、粗繊維 1.0%以下、水分(最大) 74.5%、塩分 0.3%以下、オメガ3脂肪酸 140㎎/100g以上
ホワイト・レーベルの原材料・成分値
チキン80%
2%以上~10%未満【野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)、大豆、トウモロコシ種皮、米(破砕・ゆで)、フィッシュ(サバand/or マグロ)】
1%~1%未満【凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)、ココナッツオイル、ケルプ、天然香料、ビタミン・ミネラル類(ビタミンD,E、Ca、塩化コリン、タウリン、亜鉛、鉄、チアミン、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、葉酸)】
保証分析値
粗タンパク質 10.5%以上、粗脂肪 8.0%以上、粗繊維 1.0%以下、水分(最大) 74.5%、塩分 0.3%以下、オメガ3脂肪酸 140㎎/100g以上
原材料(ブルーレーベル)
チキン 67%、フィッシュ(サバand/or マグロ)25% 2%以上~10%未満【米(破砕・ゆで)、ココナッツ】 1%~1%未満【パセリ、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)、ケルプ、ユッカ、ビタミン・ミネラル類(ビタミンD,E、Ca、塩化コリン、タウリン、亜鉛、鉄、チアミン、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、葉酸)】
成分値
粗タンパク質 11%以上、
粗脂肪 8.0%以上
粗繊維 1.0%以下、
水分(最大) 74.5%、
塩分 0.3%以下、
オメガ3脂肪酸
ブッチの詳しい記事はこちら

 

ドクターケアワン→脂質7.5%

ドクターケアワンは抗酸化成分、グルコサミン、コンドロイチン配合の国産無添加ドッグフードです。

全原料ヒューマングレードで足腰が弱い胴長犬種や短足のワンちゃんにオススメなフードとなっております。脂肪燃焼に効果があるコエンザイムQ10を含有するブロッコリー配合レシピです。

原材料
鶏肉、大麦、玄米、ビール酵母、かつお粉末、しいたけ、黒米、赤米、大根葉、ごぼう、人参、昆布、むらさき芋、かぼちゃ、ブロッコリー、グルコサミン、コンドロイチン、キャベツ、白菜、高菜、パセリ、青じそ、卵殻カルシウム、ビタミンE

 

馬肉自然づくり→脂質11.1%

馬肉自然づくりは本場熊本の馬刺し専門店が作ったドッグフードです

原材料は全て人用のヒューマングレード。

馬肉はお肉の中ではササミに次いで脂質が低く肝臓に優しいお肉なんです。

また、馬肉自然づくりにはメインの馬肉以外にも肝臓のケアに適した材料が多く使われている点も私がオススメする理由になります。

脂質は11%ですがドッグフードの中ではこの数値低い方なんです。

肝臓に良いとされる玄米、ワカメ、卵、昆布も含まれていますよ。

原材料
新鮮馬肉、鹿児島産鶏肉、福岡産玄米、九州産大麦、福岡産黒米、福岡産きなこ、鹿児島産かつお節、福岡産米ぬか、馬油、福岡産おから、北海道産ハトムギ九州産卵熊本産ワカメ、国内産小松菜、北海道産昆布、国内産ビール酵母、国内産卵殻カルシウム

ご覧のように全ての原材料が産地がはっきりしている安心安全なヒューマングレード100%!

成分値
粗タンパク質 27%以上
粗脂肪 11.1%以上
粗繊維 5.2%以上
粗灰分 2.2%以下
水分 7.0%以下

我が家のシュナも肝臓の数値が高くて、しばらくは馬肉自然づくりにしてました。

詳しくはこちらから>>>

詳しい記事はこちら

 

HAPPY DOG→脂質12%(ミニモンタナ)

 

ハッピードッグは1765年ドイツバイエルン州でミューラーさんが穀物製粉所を創業したのが始まりというのですからもう255年の歴史があるドッグフードメーカーです。

時代とともに常に最新の栄養学を研究しレシピの改良や見直しを行い、犬や猫たちのあらゆるニーズにマッチした美味しくて健康に良いナチュラルコンセプトのフードを作り続けています。

愛犬のニーズごとに25種類ものラインナップがある中で、一番新しい馬肉を使った「ミニモンタナ」を入れてみました。

ミニモンタナ原材料・成分値
原材料:ポテト*、ホースプロテイン(17.5%)*、ポテトプロテイン*、ひまわり油、ビートファイバー*、加水分解レバー、菜種油、アップルポマス*(1.3%)、塩化ナトリウム、イースト抽出物*、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、葉酸)、ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、その他栄養素(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)
(*乾燥)成分:粗タンパク質 - 24.0 %粗脂肪 - 12.0 %粗繊維 - 2.5 %粗灰分 - 10.0 %粗炭水化物 - 42.5 %
水分 - 9 %カルシウム - 1.60 %リン - 1.20 %ナトリウム - 0.40 %マグネシウム 0.10 %
カリウム - 0.80 %オメガ6脂肪酸 - 5.00 %オメガ3脂肪酸 - 0.60 %
代謝エネルギー:334.8kcal / 100g

ハッピードッグ ミニモンタナはこちらから

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事