犬を飼いたい!まずは犬種選びで考えるべき大切なこと

初めて犬を飼うとなった時、ペットショップやブリーダーなどを回られると思うんですが、結構一目惚れや目が合ってしまったという方がとても多いようです。

でもその子は飼いたかった犬種ですか?

その犬種の気質や性格などよくわかっていますか?

犬種によっては子犬の姿と成犬の姿では全く違う犬種もあること知ってましたか?

これから先13年〜15年もお世話をして行かなければなりません。

子犬を家に迎入れてから”こんなはずじゃなかった”と後悔することは、子犬にとても不幸なことです。

そうならないよう、犬種選びで迷って悩んでいる方参考になさってください。

スポンサーリンク

初めての子犬、どう選ぶ?

実際に犬種を選ぶことになった時、ただ可愛いからだけでなくいくつかの基準が出てくると思います。

例えば

家族構成は?

運動はどれぐらいしてあげられる?

毎日朝夕の散歩は確保できますか?

共働きですか?

小さなお子さんがいますか?

お手入れすることは好きですか?

家族にアレルギー(抜け毛)を起こす人がいますか?

特にポイントとなるのが一番家に長くいて犬のお世話ができる人に合わせて選ぶのが、比較的こんなはずじゃなかったを避けられるようです。

ちなみに、未就学児の子供がいるご家庭にはチワワは勧められません。

チワワは飼い主さんの愛情を一心に集めたい犬種だからです。

まだまだ手のかかる小さい幼児がいると、お母さんはどうしても子供にかかりきりになってしまいます。

向く犬種と向かない犬種

グルーミングをしてあげるのが大好きなら

どんな犬種でもグルーミングは必要ですが、特に長毛種の犬種は毛玉にならないよう毎日のブラッシングは必要不可欠です

シー・ズー、ヨークシャーテリア、マルチーズ、アメリカンコッカー・スパニエル、アフガン・ハウンド、ペキニーズ、シュナウザーなど

トリミングカットを楽しみたいなら

トリミングは犬種特有のスタイルに仕上げる楽しみがあります。

もちろん上記であげた長毛種もカットが欠かせない犬種なので、定期的なトリミングは必須。

女の子ならリボンをつけたりネックレスなどのアクセサリーも素敵です。

プードル、ビジョン・フリーぜ、ミニチュア・シュナウザー、マルチーズなど

はスタイリッシュなカットが楽しめます。

 

アレルギーの家族がいるので毛の抜けない犬種が欲しい

毛の抜けない犬種が希望なら

シングルコートのプードル、ヨークシャー・テリア、
毛が抜け落ちないタイプのシュナウザー
ワイヤーコートのテリア類
ゴールデンレトリーバーやパグ、キャバリア、コーギーなどは非常によく毛が抜ける犬種です。
中毛・短毛種は換毛期があるため毛が抜けやすいもの。
毎日掃除してもそこにいる限り毛が抜けるので、部屋が汚れるのがイヤな人、アレルギーや喘息のある人が家族にいる場合向きません。
我が家も息子がアレルギーだったため、毛が全く抜けないシュナウザーにしました。
シュナはシャンプーの時でさえ抜け毛がなく、ブラッシングの時にブラシに少し付くぐらいで非常に快適です。
テリアも抜け毛は少ない方ですが抜けます。特に我が家のスコティッシュテリアは子犬の頃シャンプーの度アンダーコートがゴッソリ抜けてましたが、成犬になるにつれて抜け毛は気にならないほどになりましたが。
抜け毛が心配ならシュナウザーは一番おすすめな犬種です。
歩くのが好き、散歩が大好きなら
  飼い主さんやその家族が行動的でアクティブな人なら運動能力の高い犬種を選びましょう。
休日には車でドッグランやアジリティーを楽しんだり、一緒に山だって楽しめます。
ボーダー・コリー、ラブラドール・レトリーバー、ジャックラッセル・テリア、ノーフォーク・テリア、シュナウザーなど

犬種の目的と能力別の分類

        目的     能力別グループ      代表的な犬種
    獲物を捕る(捕食) ハウンドグループ(獣猟犬) アフガン・ハウンド、ウィペット、グレート・ハウンド、サルーキ、ダックスフンド、バセット・ハウンド、ビーグル、ボルゾイなど
    獲物を捕る(捕食) ガンドッググループ(鳥猟犬) アイリッシュ・セッター、アメリカンコッカー・スパニエル、イングリッシュコッカー・スパニエル、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、ポインター、ワイマラナーなど
     獲物を捕る テリアグループ(穴居害獣猟犬) ウエストハイランド・ホワイト・テリア、ケアーん・テリア、ジャックラッセル・テリア、ワイヤー・フォックス・テリア、スコティッシュ・テリア、な
    守る・助ける ワーキンググループ(護衛・作業・救助犬) グレート・デーン、シベリアン・ハスキー、セント・バーナード、ドーベルマン、ピンシャー、ニューファンドランド、バーニーズ、マウンテン・ドッグ、ボクサーなど
    守る・助ける パストラルグループ(牧畜・牧羊犬) ウェルシュ・コーギー、セトランド・シープドッグ、ジャーマン・シェパード、ボーダー・コリー、コリー、グレート・ピレニーズなど

 

     その他 トイグループ(愛玩犬) イタリアン・グレーハウンド、チワワ、狆、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、パグ、パピヨン、ペキニーズ、ポメラニアン、マルチーズ、ミニチュア・ピンシャー、ヨークシャーテリア、ビジョン・フリーゼ、など
     その他 ユーティリティーグループ(実用犬・番犬・闘犬など) 柴犬、ダルメシアン、チャウチャウ、ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ、ボストン・テリア、ミニチュア・シュナウザー、シー・ズー、トイ・プードル、スタンダード・プードルなど

*イギリスケンネルクラブの分類から参照

スポンサーリンク

まとめ

これから犬を飼おうと思っていらっしゃる方

ワクワクしますね。

どの犬種にしようかって悩むのもまた楽しいものです。

是非、犬種の特性についてもしっかり調べて時間をかけてじっくり選んでください。

そして子犬を迎え入れたなら、その子の最後の瞬間まで惜しみない愛情を注いで大切に育ててくださることを願っています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事