犬のガンも免疫力がキーワード!β-グルカンの含有量トップ「キングアガリクス100」を毎日の習慣に

犬も寒くなると体力や免疫力が落ちます。

寒い冬はワンちゃんにとっても病気になりやすい季節なんですね。免疫力を高めることは病気になりにくい体を作るために不可欠ですが、特に癌は人間だけでなく犬だって同じです。

我が家の2頭もいつまでも元気でいてもらいたくていろんなサプリをあげていますが、その中でも特に個人的にオススメなのがこれからご紹介する免疫力アップの「キングアガリクス100ペット用」です。

紹介しますね。

公式サイト    キングアガリクス100ペット用

スポンサーリンク

免疫力について

 

我が家の2頭ももう14歳と13歳。

昨年ぐらいから階段の昇降やソファーなど登りづらくなってきていて、“あ〜もう高齢なんだなぁ”と思う場面が出てきました。

でも散歩では走ったり至って元気なのですが、やはり10歳を過ぎたあたりから脂肪腫が出来たり、ストルバイト結石になったりしてこの先の健康が心配に…。

現在は、免疫力に加えて眼病予防と関節に良いグルコサミン系の3種類を与えています。

サプリメントは即効性はありませんが、長く与えてると確かに元気になっているって思うんですよ。

登れなかった階段が登れるようになったりして、生命力が強くなったと言うか活力を感じます。

定かではないですがこれって免疫力が高まってきたのではないかと信じています。。

よく病気にならないよう“免疫力を高めましょう”とか、風邪引いた時は「疲れが溜まって免疫力が落ちたから風邪を引いた」などと言いますよね。

そう、この免疫力って病気全般におけるキーワードなんですよ!

免疫力とはそもそも?

犬や人間の体は「ホメオスタシス」恒常性と呼ばれる、常に体のコンディションを一定に整える機能が備わっています。

体温や血圧などの整理機能は、多少の変動はあるもののほぼ一定ですよね。

体の体温は健康な場合には、外の気温に関わらず37℃〜39℃の間に保たれてますし、血圧も血液量に関わらずだいたい平均

100mmHgに保たれます。

 

このように、体は生命を維持するために常に自動的にコンディションを調整しているのですが、その中でも『免疫』とは外部から病原体が侵入してきた時や、体内に不要な物質が存在する場合に、それらを排除する仕組みのことで

実際に排除する能力のこと『免疫力』と言います

 

ウイルスや細菌が動物の体内に侵入した時、白血球などの力でそれらの病原微生物をやっつけてしまうシステム。

あるいはガン細胞など、体のホメオスタシスを崩す細胞が存在する場合も白血球がそれらを排除してくれるのです。

そして、その敵を排除する能力が高い状態を『免疫力が高い』と言います。

免疫力が下がってしまうとどうなる?

逆に免疫力が下がってしまうと、それら病原微生物の侵入を許し体に有害な細胞が増殖してしまいます。

その結果感染症を発症し免疫システムが作動しないと病原微生物に冒されやがて死に至ります。

また、がん細胞は実は毎日体の中で一定の割合で作られています。

しかし、免疫力によって病的ながんにならないように調整されているのですが、免疫力が低下してしまうと、そのガン細胞を制

御できなくなって最終的にがんを発症してしまうんです。

 

免疫力が下がっていると発症した後のがんの進行も抑えることができず、体ががんに蝕まれていくということに…

 

このように免疫力が下がってしまうと、体にとって重大な病気を引き起こしてしまうのです。

免疫力が下がる原因

ではなぜ免疫力が下がってしまうのか

免疫システムはとっても複雑なメカニズムで作用していますので、様々な要因で免疫力が下がってしまいます。

その中でも主な原因は次のようなものがあります。

ウイルス感染

ウイルスの病気の中にはエイズウイルスのように動物の免疫力を下げてしまうものもいます。

動物の免疫力を下げてしまうことによって、ウイルス自身が体内で増殖するようになります。

先天性の病気

非常に稀なケースですが、動物の中には生まれつき免疫を司る細胞が作られなかったり、特定の免疫システムが機能しないケースもあります。

そのような動物は残念ながら免疫力を維持することができないため短命に終わってしまうことがほとんどです。

ホルモン異常

動物の体は、ホメオスタシスを維持するために、様々なホルモンが作用しており免疫システムにもかなり影響を与えています。

その中で「コルチゾール」というホルモンは抗ストレスホルモンと呼ばれ、本来は体が様々なストレスを受けた時にそれを適応

するための働きをしてくれる大切なホルモンなんですが、多量に分泌されると免疫力を抑えてしまう作用をも持っています。

肥満 

肥満になると体の代謝が変化し体の中の炎症反応が過剰に発生します。

その結果、ホメオスタシスが破錠し免疫システムも異常を起こしてしまうと考えられています。

生活習慣

食事や運動、さらにはストレスでも免疫力は下がってしまうことがあります。

ドッグフードのような加工食品は、手作りの食事と比較して慢性炎症や糖化、酸化などの代謝反応をたくさん引き起こすと言われています。

通常これらの炎症や代謝反応はホメオスタシスによって問題なく処理されるのですが、過剰な炎症や酸化が起こった場合、ある

いは体自体がこれらを処理する能力が落ちてしまった場合には、肥満と同じように免疫システムも異常を起こし免疫力が下がっ

てしまうと考えられているのです。

 

さらには、加工食品は腸内細菌にも影響を与えることが知られていて、実は動物の体にある免疫細胞の70%が腸に存在すること

がわかっており、実際に腸内細菌の異常が様々な免疫の病気と関わっていることが知られています。

それでは免疫力を上げるためにどうすればいいかですが、まずは

1,ストレスを溜めない

免疫力を高めるのに最も大切なのが「ストレスを溜めない」ことだと言われています。

人間の場合は、人間関係の悩みや睡眠不足といった不規則な生活を改善することが有効ですが、犬の場合はそれぞれの犬の性質や飼育環境によって臨機応変に対応することが重要とのこと。

一般的には、お家の中でも安心して過ごせるスペースの確保、規則的な生活、家族とのコミニュケーションなどがストレスを溜めにくいと言われます。

2、適度な運動

適度な運動は免疫細胞を活発化させると考えられていますので、十分な運動量を確保することで免疫力をアップすることができます。

当たり前ですが犬にとっての適度な運動の基準はないので、犬種や年齢、肥満の程度などで判断してあげてください。

3,食事の改善

加工食品であるドッグフードが中心の犬にはフード自体を消化に適した高品質なものにすることはもちろんですが、β-グルカンや、酵素サプリメント、オリゴ糖などの食物繊維、乳酸菌などの腸内細菌製剤といった免疫調整作用があるものを摂取することも大切になります。

スポンサーリンク

犬の免疫力を上げる効果的な成分「βグルカン」

免疫というのは非常に複雑なシステムですので、現在のところ確実に免疫力を高める、つまり感染症やがんを予防できるというのは確立されていません。ワクチンによって予防できるものもありますが、まだまだごく一部の感染症しか効果がありませんし、インフルエンザワクチンのように効果が不明瞭なものもあるのが現状です。

しかしそのような中でも免疫力を高めるのに効果的な成分があります。

それがβ-グルカン

 

もう皆さんご存知だと思いますが、改めて見ていきましょう。

β-グルカンとは

β-グルカンとは、菌類(キノコや酵母など)や穀物(大麦など)等の細胞壁に含まれる成分で、その形(化学構造)は様々です。

β-グルカンの中でも、「β-(1.3)-グルカン」「β-(1.6)-グルカン」と呼ばれるタイプのものは、主に医療現場の治療をサポートする補完代替医療の分野で健康食品・サプリメントとして使用されています。

(中には抗がん剤として使用されていたものもあります)

β-グルカンサプリもいろいろありますが、私の一押しは「キングアガリクス100」です

β-グルカンサプリ「キングアガリクス」の特性

こちらがブラジルで露地栽培されているキングアガリクス。

β-グルカンはキノコ類に多く含まれますが、このキノコ類についても、種類が違えばβ-グルカンの形(化学構造)が異なり作用も異なります。

薬用キノコであるアガリクスに含まれるβ-グルカンは、有用な「β-(1.3)-グルカン」と「β-(1.6)-グルカン」がいくつも統合した形をしていて、また栽培方法が違えば成分の含有量も違ってくるのですが、露地栽培のキングアガリクスは一般的なハウス栽培よりも1.5倍のβ-グルカンを含有。

これは私たちが食べる椎茸を例にとってみても天日干しとハウス栽培ではビタミンDの量が違うように、太陽の光をたっぷり浴びたキノコは成分の含有量が違うってことですね。

栽培法によるβ-グルカン含有量比較

露地栽培 12.4g
ハウす栽培 8.2g
*乾燥100g中 日本食品分析センター調べ(2004年4月)
 β-グルカンという成分は体に害は与えないけれど、免疫細胞には「敵=異物」だと勘違いされて攻撃しようとします。
つまり体の免疫細胞のスイッチがオンになり、全身の免疫細胞が攻撃体制に入って他の異常な細胞や病原体も攻撃してくれるのです。
言うなればβ-グルカンは眠っている免疫力を目覚めさせる役なんですね。

キングアガリクス100ペット用

東栄新薬株式会社が製造しケーエーナチュラルフーズ社が販売している「キングアガリクス100ペット用」は、元々は人間用に販売していたアガリクスをそのままの品質でペット用にリニューアルしたものです。

アガリクスにもいろいろありますが、東栄新薬が製造するのはアガリクスの中でも最も貴重なブラジルで露地栽培された「キングアガリクス」が原料の栄養補助食品。

一般的なハウス栽培と太陽の光をたっぷり浴びて育ったアガリクスでは、βグルカンの含有量が全く違います。

このキングアガリクス100は余計な添加物を一切加えないキングアガリクス100%で作られたサプリメントなのです。

製造に関しても製薬会社の品質管理の認証を受けたサプリメント工場で製造しているので安心安全。

アルミパウチの袋の中には分量がわかりやすく飲みやすいタブレットタイプのシートが3シート。
一粒の大きさはバファリンぐらいでしょうか?
与える時はフードに混ぜても良いですが、私は直接このようにあげています
変な匂いもないので抵抗なく食べてくれてますよ。

キングアガリクス与える目安

アガリクスには体の生理機能を整える栄養素がたっぷり含まれているので病気の回復には多めに与えると効果的なようです。(3倍量まで)

キングアガリクスがオススメなポイント!

東栄新薬株式会社は、様々な国際学会でキングアガリクスの有用性データを発表している製薬会社で、

東京大学、慶應大学、順天堂大学、東京薬科大学、麻布大学などの最先端の大学で安全性や有用性に関する様々な研究がされているんですよ

昨年は「第19回日本獣医がん学会でキングアガリクスの有用性・安全性について発表」

「第181回東京医科大学医学会総会で共同研究成果を発表」

獣医学の新しい流れを発信する「WJVF第9回大会」に参加

「日本ペット栄養学会第20回定例大会」に出展

「臨床獣医学フォーラムに出展」

「動物臨床医学会年次大会に参加」

などなど…。

海外でも、2018年9月11~12日に開催された健康食品・サプリメントの国際展示会(Vitafoods Asia)に出展(今年で3回目)高い評価を得ています。

今年はさらに9月27〜29日に開催された獣医療関係者の国際学会『FASAVA Tokyo2019』に出展。

これまで20年以上継続して行ってきた、ヒト臨床試験を含む研究実績を評価していただき海外からもペット用キングアガリクス製品が注目されました。

また、2019年9月10~12日には第162回日本獣医学会学術大会で病原性ウイルスに関するキングアガリクスの研究成果を発表しています

シンガポール開催の国際展示会にも出展致しました。

そんなキングアガリクスは以下のポイントがあげられます。

 製薬会社で徹底した品質管理のもと製品化している

 野菜と同じく太陽の光をたっぷり浴びた露地栽培で栄養価が豊富

長年にわたって研究が継続されているため、得られたデータが豊富で信頼性が高い

ケーエーナチュラルフーズ社は 学術図書「β-グルカンの基礎研究と応用・利用の動向」を東京薬科大学薬学部免疫学教室と共同執筆されるなど、日々研究に力を注いでいる会社です。

公式サイト  アガリクスNo.1メーカー 東栄新薬のキングアガリクス100ペット用

 

お客様の体験談

16歳のシニアのチワワ、獣医さんに勧められ
お医者さんから勧められてお腹の調子が以前から良くなく年齢も年齢のため飲ませています
毛並みも16歳にしてはふさふさで艶もよく目も真っ白ではありません。
病気はありますが現在も進行しておらずむしろ元気になっています
我が家ではルイが元気になるのを見て、人間用のアガリクスにも興味が出てきました。
T.K様 (犬 ルイちゃん チワワ16歳)公式サイト体験談より
心臓病が心配なシニアの犬に
加齢による免疫の低下。心臓病の進行を少しでも遅らせることができればと思っていた時、偶然ネットで広告を見て購入しました。与えなかった時に比べ食欲だでて元気になってきて免疫力も上がってきたのか、昨年の脱毛症が今年はまだ発症していません。購入するか迷っている方、とにかくわらをもすがる思いが少しでもあるなら試す価値があるサプリメントだと思います
K,W様(犬 プッキーちゃん MIX 16歳)
シニアのコーギー病気の再発防止・健康維持に
肥満細胞腫になり再発防止のためと免疫向上のために飲み始めました
今のところ再発はありません。以前は毛がベタベタしていたけどベタベタ感がなくなって指間炎も以前よりよくなりました
T.F様(犬 チップちゃん コーギー 11歳)公式サイト体験談より
シニア14歳のウエルッシュコーギー 健康診断で
年を重ねるごとに体力が落ちてきてるなぁと思っていたところ、健康診断でガンが見つかり早期発見で手術も無事成功しましたが、高齢なため抗癌剤には抵抗があり悩んでいたところ、主治医の先生から紹介され試してみることにしました。
毎年夏に体力が落ちるため手術後心配してましたが、酷暑の中元気に過ごすことができて若返ったようです
まず1ヶ月使ってみるだけで愛犬の変化に驚くと思います
高齢ですが毛艶も良くなりまだ若いですよねとよく言われます。
T.A様(犬 コロちゃん wエルッシュコーギー 14歳)公式サイト体験談より
肝臓がんが見つかったトイプードルとミニチュアダックスに獣医さんの勧めで
2年半ほど前に肝臓がんが見つかり、獣医師の勧めで飲み始めました。
キングアガリクスを飲み始めて2年とちょっとになりますが今も元気に過ごしています。
うまく病気と共存しているのか、病院でも進行が止まっているとの診断をいただきました。
15さいと高齢なので他にも何かと心配事はあるのですが、今のところ快調なのでこのまま飲み続けて元気でいて欲しいと思っています。獣医さんから、ワンちゃんの体質により合う合わないがあるようですが、処方する薬以外で気休めですがこんなのもあるよ〜って紹介してもらったのをきっかけに飲み始めました。最近になって同じ頃に同じ病気(肝臓がん)を発症した子たち(アガリクスを飲んでいない子たち)は、残念ながら今はもういないというお話を聞かされました
うちの子は幸いにも良く効いたので、本当に飲ませて良かったと思っています。
獣医師も驚いています。高額で悩むところはありますが、もし愛犬の病気等で悩まれているのであれば一度試してみるのも良いと思います。Y.Y様 (犬ぬんちゃん 15歳)お客様の体験談より
シニアのポメラニアン(脂肪腫)アガリクスを飲んで下痢が改善
脂肪腫が背中の左側に小さいもの、右側に2cmくらいの大きさができてしまいました。
4歳の時に脂肪腫が出来、獣医さんで処方してもらった液体のアガリクスを飲ませて治ったことがきっかけで今回注文しました。1週間に1度下痢をし、病院で下痢止めや整腸剤を処方してもらっていましたが、アガリクスを飲み始めてから下痢をしなくなりました。脂肪腫も左の小さいものはなくなり、右の2cmぐらいだったものが1cmぐらいにまで小さくなりました
M.I様 ちゃちゃちゃん ポメラニアン13さい)公式サイトお客様の体験談より
マラセチア皮膚炎になったシーズー7歳
耳、皮膚がマラセチアでフケ・痒みがすごかったのが改善されました。
真夏は特に症状が凄かったのですが、アガリクスを飲ませてからは赤み、フケが今のところ出ていません
現在嘔吐もなくマラセチアの症状は落ち着いてるのでアガリクスのおかげかなと思います
N.K様 (犬 スーちゃん シーズー7歳) 公式サイトより
病気で体力消耗してしまった犬(12歳)が心配で
癌が見つかり抗がん剤治療を受けましたが体力が消耗するばかりでなく治療費も高額でした
にもかかわらず効果はありませんでした。
他の動物病院の先生に相談したらこのサプリメントを紹介してもらい購入に至りました。飲み始めて2ヶ月が経ちますがとても元気に過ごしています。
Y.N様 (犬 ミルクちゃん ミックス12歳)公式サイトより
いろんな病気に負けず頑張っているポメラニアン(10歳)のために
心臓病、皮膚病、クッシング、糖尿病など天…ともかくたくさんリスクを持っています。糖尿病とクッシングを併発してからは体重が減って元気がなく悩んでいましたが、アガリクスで長年悩んでいた皮膚炎は回復しました。
体調も劇的には良くならないですがお散歩も楽しんで歩く日が増えたと思います
値段は確かにしますが、大切な家族のためにできるかぎりのことをしてあげたいと思う方にお勧めします
K.T様 犬 キャンディちゃん ポメラニアン)公式サイトより

よくある質問

いつ飲ませればいいの?(朝?夜?飲ませる回数は?)
1日1粒の場合は、夜がオススメです 人間やペットを含む動物の生命活動(呼吸、循環、消化)は、体を活動させる【交感神経】と体を休ませる【副交感神経】のバランスによってコントロールされています。(動物が夜、休んでいるイメージです。心拍数、呼吸数は下がり、食事の吸収・消化機能が高まります。) 以上のことから、キングアガリクス100に含まれる豊富な栄養素の消化・吸収が高まると考えられるため、夜寝る前(夕ご飯と一緒)に飲ませて頂くことをオススメします。
アガリクスと一緒に飲むとオススメのサプリはありますか?
お腹の免疫細胞に働きかけるアガリクスは お腹の調子を整える乳酸菌とは相性がいいことが分かっていますので 乳酸菌サプリメントとの併用をおすすめします。 (乳酸菌が体調に合わない場合は、お控え下さい)
糖尿病なんだけどアガリクスを飲ませても大丈夫?
順天堂大学医学部や近畿大学医学部の研究で糖尿病に対する好ましい結果が出ており、東京薬科大学薬学部免疫学教室の研究によって、糖尿病性腎症に対する安全性も確認されています。 糖尿病のペットちゃんにも安心して飲ませて頂けます。
アガリクス入りドッグフードの含有量について
ワンちゃんの健康維持のために、いろんな種類の「アガリクス」入りのドッグフードが販売されています。 でも、その「アガリクス入り」ドッグフードに、アガリクスは充分な量が入っていますか? 実は、市販されている製品の中には、アガリクスがほとんど含まれていないドッグフードもあります アガリクスは原材料費が非常に高いので、「アガリクス入り」ドッグフードといっても、実際には、ほとんどアガリクスが入っていない製品もあります。
肝臓が悪いんだけど飲ませても大丈夫?
東京薬科大学薬学部の研究によって キングアガリクスは抗酸化活性が強く 肝臓を優しく守ってくれる効果があることが解りました。 肝臓が悪いペットちゃんにも安心して飲ませてあげて下さい。
年齢に関係なく飲ませても大丈夫?
キングアガリクス100にはペットの健康を保つ栄養素がたっぷり含まれていますので、年齢に関係なく安心してご利用いただけます。毎日の健康のために元気なうちからお飲みいただくことをお勧めします。

まとめ

キングアガリクス100は安心安全を重視し添加物など一切加えてない栄養豊富なアガリクス100%でできています。

さらにアガリクスの中でも最も貴重なブラジル露地栽培したキングアガリクスが原料。

サプリメントを選ぶ場合是非内容をしっかりみて選びましょう!

キングアガリクス100はこんなワンちゃん猫ちゃんにオススメです

 食欲がない

シニアになって足腰が弱ってきた

下痢・便秘おしっこのトラブルがある

 疲れやすく元気がない

 皮膚、毛並みが心配

 病気になりやすい

命に関わる癌細胞の増殖や転移を予防するためにも、免疫細胞の力を活性化して高めることはとても重要です。

病気になる前もなった後もキングアガリクス100で愛犬の健康寿命をのばしましょう!

初回ご注文に限り味見用サンプル2粒を無料でプレゼントしています。

資料と一緒に送られてくるサンプルを試してから購入できるので安心ですよ^ ^

気になった方はチェックしてみてください。

ちなみに価格はアマゾン、楽天などの通販サイトも一緒ですが、味見用サンプルなどがある分公式サイトがオススメです

別記事で体験談をまとめていますのでそちらも併せてご覧になってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事