子犬には子犬用フードを!成長段階に応じた種類のある選りすぐりのドッグフードブランド

前の記事で犬の成長期には子犬用フードがなぜ最適かその理由を書かせていただきました。

そして今日は、その子犬用ドッグフードのラインナップがあるドッグフードブランドをご紹介したいと思います。

どれも私が自信を持っておすすめできる選りすぐりのブランドばかりをピックアップしてみました。

是非、参考になさってください。

スポンサーリンク

国産ブランドの子犬用ドッグフード

国産のドッグフードも今では数多く存在しますがほとんどが1種類のみ。成長段階に応じた種類があるのは本当にごく一部になります。

おすすめできるのは獣医師開発の「デイリースタイル」のみです。

デイリースタイル

デイリースタイルは獣医師宿南章先生が自ら開発したドッグフードで、成長段階はもちろん疾患別の療養食フードも取り揃えているブランドです。

低脂肪高タンパク質の鹿肉がメインに作られているのが特徴。

 

 

 

 

ハッピードッグ はドイツ産

2種類の子犬用フードがあります。

ベビーグレインフリー→生後4週(離乳期)から使用できる内容のレシピ

ジュニアグレインフリー→永久歯が生えそろってから18ヶ月までの中・大型犬用に最適なレシピ

どちらも特徴はグレインフリー・5種類のタンパク質・噛みやすく消化に優しいハートループ型で、皮膚やお腹の弱い子犬、食物に敏感な子犬におすすめです。

こちらの記事も参考にどうぞ

SOLVIDA(ソルビダ)

ソルビダは食の安全を徹底的に追求し原材料の約70%以上にオーガニック原材料を使用しているオーガニックフードです。

子犬用は1種類でオーガニックチキンとオーガニック大豆をタンパク源とした内容のレシピとなっています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事