ジウィピークは新鮮生肉96%!まるでお肉を切り裂いたかのような犬が喜ぶジャーキースタイルのフード。トッピングやおやつに最適

大切な愛犬のためにドッグフードを探し始めると、何が良いフードなのか段々わからなくなってきませんか?お肉の種類、グレインの良し悪し、乾燥肉or生肉、添加栄養素サプリメント、腸活、乳酸菌、アレルギー…ets

サイトによっては全く逆の考え方だったり片方でCランクのフードが片方ではSランクだったりします。そもそもランク付けできるのが不思議でしょうがありません。

先づ、大切なのは粗悪な原材料、添加物が入ってないのが大前提です!

その上で

・愛犬のアレルギーがある無いとか好き嫌いがあるとかお腹の調子で選んであげる。

・公式サイトでドッグフード製造会社の考え方を知る。

・可能な限り実物をチェックする、食べさせてみる。

そしてあなたが賛同でき納得できるメーカーのフードを選んであげてください。

今回は、当サイト推奨の“犬は肉食動物”という考えのもと作られたドッグフード「ジウィピーク」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ZIWI(ジウィ)について

ジウィは世界一厳しい検疫、環境規制で知られるニュージーランド産のドッグフードです。

犬や猫は元来肉食動物」という考えのもと、自然界の肉食獣が草食獣を狩猟して食べる時の食事の栄養を目指して内臓もバランス良く配合したドッグフードになります。

日本の正規販売代理店は、2021年1月1日から(株)レッドハート社から株式会社TRUMPETS(トランペッツ)に変わりました。

トランペッツは(株)オリジンジャパンから社名変更されて新たにスタートした会社で、現在アカナクラシック、オリジン、ZIWIのみを扱っております

TRUMPETS>>>トランペッツ公式
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::はどのようなものかがわかります
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
詳しくはこちら>>ペットフードを切り替えて安心の毎日を

ZIWI(ジウィ)9つの特徴

特徴,1肉食獣の体に合わせた食事

自然な食事から自然な栄養が得られるため、ビタミン・ミネラルの添加は最小限にすることができました。

特徴,2エアドライ製法 素材の栄養を活かすゆっくり低温乾燥

職人技の手作りエアドライ・レシピです。何百年も前から存在する生肉の自然保存法に、高度な近代技術を組み合わせて生まれたのが、ゆっくりと丁寧に作るツインステージ・エアドライ製法。

この製法により、サルモネラ、リステリアのような病原菌を排除し原材料の栄養素を守ることができます。また、合成保存料、砂糖、グリセリンを使用する必要がないため、安全で衛生的な上、栄養価が高く消化しやすいのです。

特徴,3濃い栄養密度

肉食獣である犬が消化しにくい穀類・豆類・芋類を使用せず、出来るだけ多くのお肉を配合しているため、ひと匙から摂取できる栄養密度が濃く、1日に与える量は少なくなります。

特徴,4消化率95%以上!

消化しやすいお肉の配合率が高く、そのまま栄養として体に吸収されるため消化率95%以上で犬の胃腸に負担がかからないレシピです。便の量もぐっと少なくなります。

特徴,5NO穀類・豆類・芋類食物アレルギーに配慮

犬は肉食動物で炭水化物の消化は得意ではありません。そのため穀類・芋類・豆類不使用となっており、食物アレルギーにも配慮したレシピになっています。

特徴,6ニュージーランドで自然放牧で育ったお肉

ジウィは年間を通じて自然放牧の牧草飼育で育てた、ニュージーランド農場からの原材料のみを使用しています。そして、天然素材の新鮮生肉と内臓のみを使用

特徴,7環境への責任

ニュージーランドの農漁業は環境に非常に厳しく、供給源管理規制に従い厳格なサスティナビリティ・プログラムを厳守しています。

また、ニュージーランドには、厳しい防疫法規制があるため家畜に疫病はありません。全ての原材料は、常時監視システムのもとでライセンス取得工場から供給。魚介類も政府が管理する割当制に従い漁獲しています。

特徴,8品質と価値に誇り

ジウィは自社工場を所有し、原料供給もとから出荷に到るまでトレイサビリティを徹底しており、最高のものだけがジウィピーク製品に使用されることを確認しています。

特徴,9ペットフード規制基準を完全に遵守したフード

ジウィピークフードは著名な国際ペット栄養学者の協力を得て企画配合しました。その製品すべてが犬と猫を対象とした栄養ペットフードとして、最高基準の国際業界規制及び基準(AAFCO,USFDA,NZMAF/NZFSAandEU)を完全に遵守しています。

ジウィピークの主な原材料

天然の生肉と内臓をバランス良く配合したZIWIは天然素材の原材料にこだわっています。

緑豊かなニュージーランドで牧草を食べて自然放牧で育った鹿、羊、牛、放し飼いの鶏、ニュージーランドのきれいな海で摂れるサバ、緑イ貝など、どれも品質の高いものばかりで、その生肉と内臓をバランス良く配合し犬や猫に必要な栄養を吸収しやすい形で組み合わせているのです。

では一つ一つ見ていきましょう。

ベニソン(鹿)

ニュージーランド産の自然放牧のベニソンは、高タンパク低脂肪の赤身のお肉でカルシウムも豊富。世界的に需要が高まっています。また、新奇のタンパク源であることから食物アレルギーに配慮した動物性タンパク質としても注目されています。

100%自然放牧で育った安全で栄養価の高いベニソンの筋肉部位と内臓を使用しており、内臓には有益なトリプトファンが豊かに含まれています。

ベニソンにはたくさんの結合組織が含まれているため、消化しやすい適量のコンドロイチンとグルコサミンが摂取でき関節の健康維持にも役立ちます。

ラム(羊)

ニュージーランドは世界でも、最も高品質のラム肉を生み出すのに適した条件が揃っています。

ジウィのラム肉は、100%自然放牧で育った純粋に高品質のタンパク源及び脂肪源で、健康な脳と筋肉の働きを助けます。

肉と内臓を合わせて摂取することで、バランス良く栄養を摂りいれることができます。

また、ジウィの使用するラム肉、内臓は灰分が少ないため、犬や猫の内臓に不自然な負荷をかけません。

ニュージーランド グラスフェッドビーフ(放牧牛)

グラスフェッドビーフはBSEのような動物の疫病が発生していないニュージーランドで、100%自然放牧で牧草を食べて育った安心安全なお肉です。

また、グレインフェッドビーフ(穀物牛)と比べて、脂肪分やコレステロールが少ない赤身のお肉。

ビタミン・カルシウム・マグネシウム・オメガ3,6脂肪酸も多いとてもヘルシーな牛肉です。

マッカロー(サバ)

ニュージーランドのきれいな海で獲れる天然のマッカロー(サバ)には、天然のフィッシュオイルが豊富に含まれ、犬や猫が自ら合成できないオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸を供給できます。

有益なカルシウム、リンも摂取できる栄養価の高い魚です。非常に指向性が高いのも特徴です。

ニュージーランド 緑イ貝

健康な関節の維持のために、天然のグルコサミン、コンドロイチンが豊富なニュージーランド産緑イ貝はジウィ全商品に配合してあります。

ニュージーランド 緑イ貝は、健康な皮膚と被毛に優れた働きがある天然のオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸源でもあります。

フリーレンジチキン

100%ニュージーランド産のフリーレンジチキンを使用しています。ニュージーランド産のフリーレンジチキンは世界一高い基準で育てられており、鶏は一日中自由に鶏舎と屋外を行き来でき、屋外には鶏が食べる植物が自然に育っています。

強制給餌の養鶏場とは違い、ストレスなく健康に育った栄養価が高く美味しさも抜群の鶏肉です。

ジウィのチキンレシピは、フリーレンジチキンのお肉・内臓と緑イ貝を96%配合し、高タンパクで消化の良いシンプルな配合です。

グリーントライプ

トライプとは、鹿、牛、羊などの胃袋のこと。

ジウィが使用するグリーントライプは、洗浄、漂白、熱湯消毒していない生の未加工のトライプで、その栄養をほぼそのまま維持できます。

その上、犬が大好きな味です。

トライプには乳酸菌が含まれフードの消化吸収を助けます。理想的なバランスでリンとカルシウムを摂取でき、筋肉の発達に必要なアミノ酸、皮膚と被毛の健康を維持する脂肪酸、ビタミンも含まれます。

グリーントライプは犬の健康にとってまさにスーパーフードなのです。

チコリ

チコリご存知ですか?

チコリの学術名はキクニガナで青い花が咲き白くて長い根をした植物です。

チコリに含まれるイヌリンは消化と栄養吸収をサポートすることで、健康な免疫機能を維持します。また、チコリに含まれる果糖がプレバイオティクスとして消化管の粘膜壁に働きかけ、健康を維持することで炎症への抵抗力を保ちます。

パセリ

パセリは古くから有効性が評価されているハーブで、多くのビタミンやミネラルを含みます。

乾燥海草

乾燥海草は人間用のサプリメントとして広く知られています。非常に栄養価が高くビタミン・ミネラルを豊富に含みます。

それでは実際のフードを見ていきますね

スポンサーリンク

ジウィピークドッグフード

 

こちらはラム肉のフードになります。

ジウィはひき肉状にしたフードをトレイに板状に伸ばし乾燥させるので、このような形状です

一般的な他のフードとは違いますね。最初見たときは驚きました。

四角い形状ですが、厚みはなく薄いので食べやすそうですよ。

フードの色も濃いですね。フード全体の96%がお肉だからなのでしょう。ドッグフードはお肉の含有量が多いほど濃い色になります。

こちらは「トライプ&ラム」

板状で固そうに見えますが、実は写真のように指で割れるぐらいのちょうど良い硬さです。

我が家のシュナも夢中で食べています。

 

お肉が多いフードは食べっぷりが違いますね。あげる前から催促してうるさいぐらいでした。

ラムの原材料
生肉・内臓・魚介類…96%(ラム生肉、ラムハート生肉、ラムトライプ生肉、ラムレバー生肉、ラムキドニー生肉、ラムラング生肉、ニュージーランド緑イ貝、ラムボーン) レシチン、イヌリン(チコリ由来)、乾燥海草 ミネラル類(リン酸二カリウム、硫酸マグネシウム、亜鉛アミノ酸複合体、銅アミノ酸複合体、鉄アミノ酸複合体、マンガンアミノ酸複合体、
セレン酵母) 海塩、パセリ 酸化防止剤(クエン酸、天然ミックストコフェロール/ビタミンE) ビタミン類(E、チアミン硝酸塩、D3、葉酸)
今回ご紹介したラム肉のフードの原材料になります。
見ていただくとわかりますが、ジウィはほぼ自然な形でミネラルを含めた栄養素が摂れるので、添加サプリメントは少ないです。
保証成分
代謝エネルギー 560kcal/100g
たんぱく質 35.0%以上
脂質 33.0%以上
粗繊維 2.0%以下
水分 14.0%以下
灰分 12.0%以下
コンドロイチン硫酸 1300mg/kg以上

ジウィピークの与え方・切り替え方

 ジウィピーク・エアドライフードの与える量は、缶フードや他のドライフードに比べると、少なくなります。なぜでしょうか?それは、ジウィピークのエアドライフードは、96%以上が生肉と内臓、魚介類からできており、独自のエアドライ製法により、ゆっくりと水分を除去しているからです。
そのため、3倍の量の生肉を与えていることになります。
この製法により、すべての栄養をできるだけ損なわずに、ちょうど良い食べやすいサイズに仕上げています。

*切り替え方法

ジウィピークを5日以上かけて、ゆっくりと混ぜながら与えてみてください。最初は、いつものフードの1/4をジウィピークに替えます。2日目から2-3日は、半分ずつに増やしてください。そのあとはジウィピークを4分の3に増やします。そして、慣らし期間が終わったら、ジウィピークだけの食事にします。

なかにはフードの切り替えが難しい犬もいます。
その場合のアドバイスですが、缶フードを最初に試して、そのあとエアドライに切り替えていくようにすることをお勧めします。または、ジウィピークの給与量の目安をしっかりご覧の上、エアドライフードと缶フードを半分ずつ混ぜて与えてみましょう。

新鮮な水をいつでも飲めるように用意してください。水をいっぱい飲むことは正常で、代謝機能を助けます。

*給与量の目安

給与量はパッケージに記載されています。

犬には個体差がありますので、運動量、新陳代謝、気候、体重などで調整してください。

*保管方法

ジウィピークは、天然素材のニュージーランド産原材料のみを使用しています。エアドライのパウチは、常温で安定しており、冷蔵庫に入れる必要はありません。開封後は完全に密封して冷暗所で保管し、お早めにご利用ください。

よくある質問

タンパク質、脂肪が非常に高いですが、問題はありませんか?
犬が1日に必要とする栄養基準(AAFCO)に従って、必要なたんぱく質、脂肪の量を消化しやすい動物性タンパク質から摂取できるように配合しています。また、一般のキブルフードに比べて与える量が非常に少ないため、フードから摂取するたんぱく質、脂肪分の量は、キブルフードと大きな違いはありません。
消化率95%以上ってどういう意味ですか?
ジウィピークは、犬や猫の消化システムと生理機能に合わせて、生肉と内臓、緑イ貝を96%配合しています。そのため、消化率は95%以上で排便の量はぐっと 少なくなります。消化しやすく、そのまま栄養として体に吸収されるため、与える量も少なくなり、消化器官にも無理な負担がかかりません。
海塩が入っているのはなぜですか?
必須ミネラルのナトリウムを、天然原料の海塩から配合しています。
低アレルギーフードですか?
ジウィピークはアレルゲンとなりやすい、穀類、豆類※、芋類、防腐剤、着色料等を使用していません。また、天然のベニソン、フィッシュ、ラムなどを使用しており、その他の肉にアレルギーがあるペットにもお勧めします。 ジウィピークは、アレルギー体質の犬の多くの飼い主の方から非常に評価いただいています。 ※エアドライフード
緑イ貝は治療効果がある量なのでしょうか?
緑イ貝が製品に含まれる量は、動物栄養学者の意見に従っています。緑イ貝の抽出物の医療効果は、公式にはまだ発表されていませんが、関節の健康や可動性を主として、様々な症状に利益があることは一般的に認識されています。 緑イ貝には豊かな量の天然のグルコサミン、コンドロイチンが含まれており、ペットが1日に必要な推奨量を提供できます。ですから、ジウィピークを食べていれ ば、高価なサプリメントを買う必要はありません。皮膚と被毛の健康に重要な働きをするオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸にも恵まれています。

ジウィドッグフード商品概要

容量 454g,1kg,2.5kg,4kg
価格 ベニソン:454g8121円、1kg:12,400円、2.5kg31,320円

ベニソン以外:454g4266円、1kg7,041円、2.5kg14,815円、4kg25,898円

産地 ニュージーランド
商品の特徴 動物性タンパク質96%

天然の生肉・内臓肉、魚介類使用

・消化率95%以上

 

・エアドライ製法 ・穀類・豆類・芋類食物アレルギーに配慮

おすすめ犬種 全犬種オールステージ対応

お客様の声

ZiwiPeakを試してみました。とにかく2頭とも食いつきが今までのフードの中で一番と言ってもイイ位で、あっという間に完食。 10歳の晋作はシニアになってから、ところどころの皮膚がベタベタする脂漏症になり、フード選びが慎重になっていました。おかげさまでZiwiPeakお試し中は全く症状が出ず!毛艶も良くなった気がします。ウンチは若干軟らかくなったかなぁ。 8歳の彦次郎は、一時期足がもつれ、ヘルニア予備軍と診断されサプリメント生活を送っています。ZiwiPeakのフードには天然のグルコサミン、コンドロイチン、オメガ3の効果も期待できると聞き、サプリをやめました。全く問題なく元気で走り回っています。 フード自体はお高めですが、サプリも必要ないなら、その価値はアリ!

公式サイトより

我が家には、2匹の黒ラブラドール(15歳と12歳)がいました。 レオとルナという名前の女の子です。 2014年11月3日の朝方にレオが亡くなりました。 約1年5ヶ月の介護をしておりました。 昨年の11月にフジテレビ「とくダネ!」の放送で、高齢犬介護の特集にレオも3分程度、紹介してもらいました。 介護生活初期の頃は、後ろ足が不自由なことぐらいで、特に問題がなかったのですが、寝たきりの生活をずっとしているうちに筋力も衰え、そして日に日に年をとっていきますので、食事の面ではかなり苦労を致しました。 食事をとらなければ、死の訪れも早かったと思います。 どんな食事がいいのだろうかと、好き嫌いが激しいので、あらゆる食べ物を与えました。しかし好んだのは、ペットフードではなく人間の食べ物…。 人間の食事を摂ることで、栄養面できちんと補えない問題がすぐに生じてきました。 そこで、信頼しているペットショップでいろいろと相談をさせていただき、エアドライフードのベニソンに出会うことができました。Leo's smaile2 サンプルを3種類いただき、食べるかどうかわからないけども、もうこのフードが口に合わなければ、レオには死が訪れるという危機感が襲ってきました。 レオにすぐに食べさせました。合わなければ口から出すのを覚悟で。 そうしましたら、食べてくれたのです。 もう涙が溢れるくらい嬉しかったです。 あらゆるドッグフードがダメで、諦めた時にやっと出会えたフードでした。 このフードのお陰で、レオは命を救われました。 寝たきりのレオですが、お腹が空いたと毎日元気に鳴いていました。 そしてだんだんと喉に詰まるような感じで食べるようになり、缶詰の方にすぐ変更して食べさせました。 今では、下のルナも缶詰にお世話になっております。 ラブラドールは、特に股関節が弱いのでサプリだけでは補えなく、やはり日頃の食事で補うことで健康を持続していると思います。 レオの介護後半戦、そしてお別れ間際までレッドハート様が輸入されたフードにより生きていたと考えられます。 不幸にも、レオが亡くなる一ヶ月半前に骨肉腫という癌にかからなければ、今も生きていたと思います。

公式サイトより

うちにもハッピーになったチワワいますよ!とにかく、うちのチワワ“ケイア”がZiwiPeakにはまってしまったのをご報告したくて。 ZiwiPeakほど見つけた瞬間に速攻で自分の物にしてしまうのを見たことがありません。Blogで他のチワワの飼い主さんたちが書いていた話を読んで、サンプルを試しました。そして、どうなったかというと・・・。ケイアの被毛と歯はすばらしくきれいで、元気溌剌です。 胃腸の問題は全くなく、とにかくこのフードは気に入ったみたいで、おやつにも使えます!今のところ、試したフードの中で最高です。それに、与える量が少ないので、意外と安いんですよね。 うちの2匹の猫は、ケイアが見ていない時に、フードを盗み食いしだしたようです。キャットフードの方も試してみたほうがいいかもですね。こんなすごい商品を作ってくれてありがとう!やっと満足なフードに出会えました。もう他には変えられません。

公式サイトより

貴社の製品をすごく気に入っていることを伝えたくてメールしました。 うちの1歳のチワワにはすごくたくさんの問題があって、とにかく食べ物が難しく、今まで、気に入るフードにどうしても出会えませんでした。そんな時、アメリカの友人がZiwiPeakを試すように教えてくれて。 ぺブルはとっても気に入り、活力、便、被毛には大きな変化がありました。もう永久に感謝したいくらいで、友達全員に薦めています。 こんなにすばらしい製品を作ってくれてありがとう。これからも頑張ってくださいね。 ぺブルは小さいけど本当に食べ物には難しいチワワでしたが、ZiwiPeakを大好きになってくれたのでとても喜んでいます。私も毎晩、夕食を作ってあげなくてよくなり、すごく楽になりました!!

公式サイトより

ZiwiPeakを初めて2ヶ月が過ぎましたが、正直、こんなに好調になるとは誰も想像していませんでした。最初の夜は、いつものあまり好きじゃないフードにZiwiPeakを少量混ぜて与えました。3頭のハスキーのうち2頭は、毎日のおやつにZiwiPeakエアドライフードを使っていて(ZiwiPeakのトリーツも使ってみる予定ですが)大喜びです。 ロニンのアレルギーは治り、「ラム」「ベニソン」はアレルギーが出ませんでした(次は「ベニソン&フィッシュ」を試してみます!)。次回でエアドライフード5kが3袋めです。活力が出てきて、体重も増え大満足です! ちょうど成長盛りだったのですが、ぐっと大きくなりました。家族も動物病院の先生も、ZiwiPeakにしてとても感謝しています。 とても大事な成長期に、すばらしい栄養食を教えてくれてありがとう。これほどのフードを作る時間、努力、費用を考えたら、ZiwiPeakの価格は妥当だと思います。ただ、3頭のハスキーにZiwiPeakだけを与えるのは、うちの予算ではちょっと難しくて。今は、ロニンはZiwiPeakだけをあげて(時々、生肉も入れてやる)、ナリとラナにはZiwiPeakを半分、Grandma LucyのPureformanceを半分を混ぜてあげています。これで、うまく妥協点が取れていて、食事代も大丈夫です。 とにかく、こんなにすばらしい製品を作ってくれてありがとう。今のビジネスモデルを大切にすれば、顧客にはすばらしい未来を保証できると思います。

公式サイトよFり

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ZIWIドッグフードの良さは伝わりましたか?

肉食獣の体に合わせて作られた作られたドッグフード「ジウィピーク」は、価格が非常にお高いです。

中でもベニソンは1kg:12,400円というびっくりする価格設定。

良いのはわかるけどちょっと手が出ませんよね。

ベニソン以外ならまだいいですが、それでも一般的なフードよりも高級すぎて…

なので、ZIWIの使い方としてはいつものフードにトッピングであげるのが一番のオススメです。

あとは、おやつやトレーニングなど様々な用途で楽しめますよ。

普段から愛犬に数種類のおやつ習慣があるのであれば、おやつをZIWIにすることでフード代抑えられるかもしれません。

最初は食いつき心配だと思いますので、割高にはなりますが454gをお勧めします。

ZIWIにはドライフードの他、ウエットフードのドッグ缶もあります。

ジウィピークが気になった方は下記からどうぞ。

日本正規販売代理店>>>本能が求めるZiwiドッグフード

その他下記通販サイトからも購入できますが、並行輸入品の可能性もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事