美味しいオーガニック食材を使ったドッグフード「gather(ギャザー)」カナダから初上陸!

人間にも太りやすい人やよく食べるけど太らない人、お酒に強い人や弱い人がいるように、ワンちゃんの消化にも大きな個体差があります。うんちの様子や体調を観察して、もしかしたらうちの子ちょっと「タンパク質疲れ」してるかも…?そう感じることがあればベジタリアンレシピはいかが?

今日ご紹介するフードはカナダのオーガニック食材を使ったドッグフード「ギャザー」です。


スポンサーリンク

ギャザードッグフードについて

ギャザーはカナダのペットキュリアンと言う会社が製造販売しているペットフードです。

一番の特徴は、第三機関の認証を受けたオーガニック食材を使って作られたフードということ

その厳しい第三機関は下記の4つの機関になります。

ギャザーのレシピに使っている食材

ギャザーには3種類の犬用フードと1種類の猫用フードがありますが、全てのフードに上記の認証を受けた厳選食材を使用しています。

この中で今回はドッグフードでは珍しいベジタリアンレシピの「エンドレスバレー」とアラスカ産タラを使った「ワイルドオーシャン」をご紹介しますね。

スポンサーリンク

GATHER(エンドレスバレー)はこんなフード

“ドッグフードなのにお肉が全く入ってないなんて”と思われる方もいらっしゃると思います。

肉食動物の犬には、動物性タンパク質が多くて穀類などの炭水化物は少ない方が良いフードとされグレインフリーが人気ですよね。

今までは消化の負担やアレルギーの問題などで、穀物や食物繊維は必要ないと言われてきましたが、最近の動物栄養学では、良質な穀物や野菜の食物繊維は犬も消化可能であり腸内では善玉菌のエサになりむしろ腸活を促進するとされています。

ベストは高タンパク質低炭水化物ですが、ワンちゃんの消化にも大きな個体差があるため逆にお肉たっぷりなフードが合わない子がいるのも事実なのです。

そんなワンちゃんにはお腹に優しいベジタリアンレシピ一度試されるのもいいかもしれません。

その時には犬に必要なタンパク質、必須アミノ酸、微量栄養素全てを摂取できるフードを選んであげることが大事。

そういう意味では今回のエンドレスバレーおすすめです。

エンドレスバレーの特徴

特徴,1オーガニック認証のえんどう豆から良質なタンパク質を確保

特徴,2オメガ3・6源としてオーガニック認証のフラックスシード(亜麻仁)、ヒマワリ油を使用

特徴,3遺伝子組み換え食品不使用

特徴,4様々な植物性タンパク質の組み合わせで犬に必要とされる全ての必須アミノ酸を確保

特徴,5動物性原材料不使用

特徴,6レンダリング製品不使用

特徴,7人口添加物不使用

特徴,8トウモロコシ、小麦、大豆不使用

原材料

エンドレスバレー原材料
エンドウ豆(オーガニック)、大麦(オーガニック)、オート麦(オーガニック)、レンズ豆、ヒマワリ油(オーガニック/ミックストコフェロールで酸化防止)、ポテト、キヌア、フラックスシード(オーガニック)、培養酵母、天然香料(野菜由来)、ブルーベリー、クランベリー、ニンジン、乾燥ローズマリー、炭酸カルシウム、塩化コリン、食塩、リン酸二カルシウム、塩化カリウム、ビタミン類(ビタミンAサプリメント、ビタミンD2サプリメント、ビタミンEサプリメント、ナイアシン、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源)、d-パントテン酸カルシウム、硝酸チアミン、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12サプリメント)、ミネラル類(タンパク質キレート亜鉛、タンパク質キレート鉄、タンパク質キレート銅、タンパク質キレートマンガン、ヨウ素酸カルシウム、セレン酵母)、タウリン、DL-メチオニン、L-リジン

上記の原材料の中で皆さんが気になるのは「食塩」ではないでしょうか?

犬に食塩は必要ないでしょう!と思っている方が本当に多いのですが(他サイトでも塩が入っているから良くないフードと書かれていることがあります)、そうではありません。

確かに人間同様塩分の取りすぎは心臓疾患などの病気のリスクが高まりますが、適切な量の塩分は生命維持のためには必要不可欠なのです。

日本海水のホームページに以下のことが書かれていました。

塩は、私たちの身体の血液・消化液・リンパ液などの体液にイオンの状態で溶けています。そして、細胞の内と外との体液の圧力(浸透圧)を調整し、バランスを一定に保つ働きをしています。実はこのバランスが、食べ物から栄養を吸収するためにとても重要なのです。どちらに傾いても栄養を体内に取り込めなくなってしまいます。

日本海水

これは犬にも当てはまります。細胞が身体の中で正常に機能するためにはナトリウム(塩)は、なくてはならないミネラルなのです。

それではエンドレスバレーの中身を見ていきますね。

粒の大きさは1cmないぐらいでしょうか

グリンピースを横に並べてみました。大きさの比較できますか

手に取ってみると厚みもなく小さいのがよくわかりますね。

お肉が全く入っていないのでフード特有の匂いもありません。

植物性原料中心なのでうんちの量多いのかなと思ってましたが、ごく普通の硬さで量も普通でしたよ。

成分値をみてみると「祖繊維4%以下」とあります。一般的な数値は4~5%が多いのでこれは標準的な値ということになります。中には7%以上のフードもあったりします。

成分値

タンパク質 22%以上 脂質 11%以上 粗繊維 4%以下 水分 10%以下 カルシウム 0.5%以上 リン 0.4%以上 オメガ6 2.5%以上 オメガ3 0.5%以上 カロリー量:代謝可能エネルギー(ME、計算済み) = 3502 kcal/kgまたは385 kcal/カップ カロリー量:代謝可能エネルギー(ME、計算済み) = 3628 kcal/kgまたは399 kcal/カップ AAFCO基準 アダルトメンテナンス用総合栄養食

エンドレスバレー給与量

体重 一般成犬 活動犬
1-2.3kg 28- 56g 35- 70g
2.3-4.5kg 56- 93g 70- 117g
4.5-9kg 93- 157g 117- 197g
9-13.6kg 157- 213g 197- 267g
13.6-23kg 213- 312g 267- 392g
23-32kg 312- 402g 392- 505g
32-41kg 402- 485g 505- 610g
41-50kg 485- 564g 610- 709g
50-64kg 564- 676g 709- 849g

給与量は犬種、活動量、年齢、季節によっても大きく違ってきます。

目安量を参考に調整してあげてください

エンドレスバレーこんな時におすすめ

ベジタリアンフードのエンドレスバレーは、次のような時におすすめです

ローテーションフードとして

普段はお肉やお魚たっぷりなフードを食べている子も、タンパク質低めの設定で肝臓の代謝にリズムを与えます。

アレルギー対応食として

皮膚や消化器トラブルに困っている子や、動物性タンパク質が体質に合わない子にとって美味しいアレルギー対応フードになります。

お客様の声

オーガニック食材のフードなので安心して使ってます。

公式サイトより

ベジタリアンレシピなのに本当によく食べます!びっくり! お豆の香りが良く、カリカリだけでもよく食べますが、我が家はその日の気分で手作り食のベースフードとして楽しんでいます

公式サイトより

色々なフードを試しても改善しなかった涙やけ。このフードにしてウソのように解消しました。良かれと思ってお肉含有量の高いフードをあげていましたが、もしかしたらうちの子にあっていなかったかもしれません

公式サイトより

ローテーションフードとしてあげています。自分も週一ベジタリアンを試して体調良いですし、少し地球にも優しいですね

公式サイトより
次にお魚のフード「ワイルドオーシャン」を紹介しますね。

GATHER「ワイルドオーシャン」はこんなフード

ワイルドオーシャンはアラスカ産タラをメインの食材としたレシピになります。もちろんオーガニック。

タラは優れた動物性タンパク質源であることはもちろん、ビタミンやミネラルも豊富な食材です。

ワイルドオーシャンの特徴

特徴,1単一動物性タンパク源としてMSC認証を受けたアラスカ産タラを使用

特徴,2穀類不使用・グルテンフリー

特徴,3遺伝子組み換え食品不使用

特徴,4新鮮な生魚とレンダリングされてない乾燥タラ

特徴,5心臓や脳の健康維持をサポートするMSC認証のクリル(南極オキアミ(EPA/DHA源)を配合

特徴,6自然のカルシウム源として卵殻粉を使用

(卵殻粉はグルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、コラーゲンの供給源にもなります。

特徴,7ハリのある皮膚・輝く皮毛の健康をサポートするオメガ3,6配合

特徴,8抗生物質や成長ホルモンを投与された肉不使用

特徴,9副産物、レンダリング品不使用

特徴,10人口添加物不使用

特徴,11トウモロコシ、大豆、小麦不使用

ワイルドオーシャン原材料

ワイルドオーシャン原材料
タラ(MSC認証)、乾燥タラ(MSC認証)、エンドウ豆、ヒヨコ豆、レンズ豆、ヒマワリ油(オーガニック/ミックストコフェロールで酸化防止)、乾燥クリル粉(MSC認証)、フラックスシード(オーガニック)、ケール、ニンジン、乾燥ローズマリー、卵殻粉、塩化コリン、ビタミン類(ビタミンAサプリメント、ビタミンD3サプリメント、ビタミンEサプリメント、イノシトール、ナイアシン、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源)、d-パントテン酸カルシウム、硝酸チアミン、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12サプリメント)、ミネラル類(タンパク質キレート亜鉛、タンパク質キレート鉄、タンパク質キレート銅、タンパク質キレートマンガン、ヨウ素酸カルシウム、セレン酵母)

成分値

タンパク質 30%以上
脂質 15%以上
粗繊維 4.5%以下
水分 10%以下
カルシウム 1.4%以上
リン 0.9%以上
オメガ6 脂肪酸 3.2%以上
オメガ3 脂肪酸 0.7%以上

では実際の中身を見ていきましょう。

ワイルドオーシャンもご覧のように小粒です。

エンドレスバレーと並べて粒の大きさを比較してみました。色もワイルドオーシャンの方が薄いですね

大きさも気持ち小さめなのがお分かりでしょうか。

ワイルドオーシャンはお肉にアレルギーのあるワンちゃんに特におすすめです。

また、ローテーションフードとして選んであげるのもいいですね。好き嫌いのはげしいワンちゃんにも試してみる価値ありますよ。

ギャザーのまとめ

ギャザーは全てにおいてオーガニック食材を使用しているため、価格は高めになっています

容量の種類:2.72kg→7,400円

454g→1,480円

7,35kg→16,500円

購入にはオンラインや実店舗もありますが楽天やアマゾンが便利です

食いつきを試したい方は454gの少量パックから始めてみてくださいね。

ギャザーは楽天・アマゾン・ヤフーショッピングのサイトからどうぞ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事