シニア期の食事管理と栄養バランス。高齢期に役立つ機能性成分

犬も避けては通れない老化。

シニア期になると様々な生理的変化が現れてきます。

視覚、嗅覚、聴覚の低下に始まり、歯槽膿漏や歯肉炎、歯石による炎症など口腔内も変化してきて硬いものが食べられなくなったりします。

また、枯渇感の低下や筋肉量の低下なども顕著に見られるため、シニア期の食事には今まで以上に気を配ってあげる必要があるのです。

今回はそんなシニア期の食事管理とおすすめなフード、毎日の食事にプラスしたい機能性成分のご紹介です

スポンサーリンク

シニア期の食事管理

普段ドライフードを主食としているワンちゃんは、自発的に十分な水分を確保できていません。

水分不足は、循環血液量の減少、排尿量の減少を生じ心臓や腎臓に負担をかけるほか、尿路結石の原因にもなります。なのでシニア期はドライフードならふやかしてあげるとか、ウエットフードにするなどの工夫が脱水を防ぐのはもちろん弱った歯にも優しく有効です。

栄養バランスで考えると

〈タンパク質〉

シニア期は太りやすいのに筋肉は落ちやすいため、高品質高消化性のタンパク質を使った食事が理想的。つまり動物性タンパク質主体のフードがおすすめです。

〈食物繊維〉

食物繊維は胃腸の蠕動運動をサポートするため5%前後が理想

〈リン・ナトリウム〉

高齢になると心臓病や腎臓病が増加します。リンやナトリウムが高い食事では負荷がかかってしまいますので

フードを選ぶ際は成分値のリンやナトリウムの値をチェックしましょう。

〈水分〉

脱水になりやすいためウエットフードや手作り食、水分を含むおやつなどで水分補給をサポートしてあげましょう。

食事の時はフードボールの横にたっぷりの新鮮な水も忘れず用意してくださいね。

食事管理においては、主要な栄養素以外に生理作用をサポートするいくつかの機能性成分が有益です。

ドッグフードだけでは補えないシニア期に役立つ機能成分はサプリメントが有効。

*効果がある程度保障されているのは次のような機能成分です

         機能成分         主な働き
n-3脂肪酸 炎症の軽減、抗腫瘍作用、認知症状の改善
ビタミンE、βカロテン、ルテイン 抗酸化作用、免疫力の維持
コンドロイチン硫酸、グルコサミン 関節機能のサポート、炎症の軽減
プロバイオティクス 腸内環境の正常化、免疫力の強化

 

スポンサーリンク

おすすめサプリメント

毎日愛眼

「毎日愛眼」は、ブルーベリー・ルテイン・アスタキサンチン・ムラサキイモ・グリーンプロポリス・メグスリノキなど、たった一粒に6種類もの有効成分を配合した犬用の目のサプリメント。

犬は結膜炎や角膜炎を発症しやすく、涙やけや目ヤニなどの症状が現れたら悪化する前に早めの予防がとても大切です。また、高齢になると白内障や緑内障の発症率も高くなり一層のサポートが必要になってきます。

そんな愛犬の眼病予防におすすめなのが、「抗酸化」「抗炎症化」「抗菌化」の3つの作用を持つ「毎日愛眼」です。

我が家では、いつまでも愛くるしい綺麗な目でいて欲しいから外せないサプリですね

私がこのサプリをおすすめする理由は、他にない飲む目薬と言われ肝臓の機能の改善もサポートするメグスリノキが配合されてるからなんですが、安全性においてもGMPをクリアした国内工場(静岡県)で無添加で製造されているため安心です。

チキン味の錠剤タイプというところも与えやすく続けやすいポイントになります

詳しくはこちらの記事も合わせてご覧ください

毎日散歩

 「毎日散歩」は「毎日愛眼」と同じウィズペティさんから発売されているサプリメントで、グルコサミン・コンドロイチン・プロテオグリカン・イミダゾールペプチド・ビタミンDを配合した犬用の関節サポートサプリメントです。
犬は人間よりも老化のスピードが早く、私たちが感じている以上に筋力が低下していっています。
そんな筋力低下と疲労回復に強さを発揮するのが「イミダゾールペプチド(筋肉成分)」
これは疲労物質である乳酸の分解を促進し、疲労が溜まりにくくすることにより、持久力や運動能力の向上をサポートするというもの。
また、軟骨成分のグルコサミン・コンドロイチン・II型コラーゲンなど関節炎の発症を抑制する働きがあるのも嬉しい。
犬用「毎日散歩」は、犬の関節を守る6つの成分配合で毎日のお散歩をサポートしてくれる頼れるサプリメントです。
こちらも安心安全の無添加で、全犬種が食べられるチキン味となっております
詳しくはこちらの記事も合わせてご覧ください

キングアガリクス

 キングアガリクスは免疫力を強化するサプリメントになります。
人間もそうですが、病気を寄せ付けないためには免疫力を高めることが大事ですよね。
犬も高齢になってくると、段々と免疫力が下がってきてアレルギーや様々な疾患が出てきます。
キングアガリクスはブラジル産露地栽培のキングアガリクスを余計な添加物を一切加えない100%で製品化したもので、有用性は様々な研究機関や大学で学術的なデータがあり、信頼性が高いのも人気の理由となっています。
詳しくはこちらの記事と合わせてどうぞ

犬康食・ワンプレミアム

「犬康食・ワンプレミアム」はペットサプリの草分け的存在で、発売17年というロングセラーなサプリメントです。

こちらはシニア犬にというわけじゃなく、愛犬の健康のために食事と一緒に与えたい比較的お財布に優しいサプリなので、サプリデビューにぴったり。

愛犬の現在の健康不安はないけれど、今のうちから何か始めたいって方におすすめなサプリです。

詳しい記事はこちらをどうぞ

毎日腎活 活性炭&ウラジロガシ

 「毎日腎活」は7種類の成分を1粒に凝縮した、腎不全・下部尿路結石のサポートが期待できるサプリメントです。

毒素の排出を助ける「ヤシ殻活性炭

尿路結石をサポートする「ウラジロガシ

毒素吸着をサポートする「キトサン

血液を作り貧血から守る「葉酸

血管拡張作用で高血圧を抑える「ビタミンB6

ナトリウム排出でカリウム血漿をサポートする「アルギン酸ナトリウム

リンの吸収を抑える「炭酸カルシウム」を配合してあります。

次にシニア期にこそ食べさせたいチルドフードをご紹介しますね

水分たっぷりドッグフード

シニア期になってドライフードを残すなどの姿が見られたら、硬いものが食べずらくなっているのかもしれません。

そんな時は水分たっぷりなウエットフードがおすすめ。

中でもブッチは生肉たっぷりで無添加。犬の目の色が変わる美味しさのフードです

ゴミも出なくてかたずけも簡単なのでウエットフードではイチオシ♡

種類は3種類、容量は2種類あります。

切り口の断面見ていただくとわかりますが、水分がじゅわ〜っとたっぷり含まれているのわかります?

我が家では特に食欲の落ちる夏場お世話になるフードです。

フリーズドライドッグフード

 フリーズドライ製法のドッグフードは栄養がぎゅっと詰まったフードです。
中でも「モグキューブ」はニュージーランド産のグラスフェッドラムの生肉を74.6%も配合したフードで、たんぱく質は32%、脂質26%、カロリーも485kcal/100gと高栄養のドッグフードなのですが、お湯でふやかしたり手作り食にほぐしてトッピングしたりと、少量でもしっかり栄養が摂取できるのでシニア期にもおすすめなのです。
このようなキューブ型になっていますので扱いやすく、何より嗜好性が高いのがポイント。
本来はアジリティードッグや活動犬などのワンちゃん向けですが、量を調整してふやかしてあげると高齢なワンちゃんにもOK。

まとめ

犬も成長と共に変化していく生理的機能。

言葉をしゃべれない大切な家族だから、飼い主の私たちが日々の変化に素早く気づいてあげて幸せな毎日を過ごさせてあげたいと思います。

ドッグフードでも手作り食でもあなたのワンちゃんの成長に合わせて選んであげてくださいね。

シニア期は特に注意して愛犬の健康管理をしてあげましょう。

そして、愛犬が“美味しい!”って感じてくれる食事をあげたいものです。

だって彼らは食べることが何よりも幸せなのですから。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事