慢性的な腎臓病、肝臓病のケアにドイツ獣医師推奨ハッピードッグ「サノN」

ワンちゃんも10歳を過ぎたあたりから何かしら疾患を抱える子も珍しくありません。

その中でも多いのは腎臓や肝臓、心臓病などです。

我が家のスコッティも腎臓の機能が低下しており一時期お薬と療法食で経過観察していた時期がありました。今ではすっかり正常値に戻り安心してますが、やはり定期的な検査が必要とのこと。

今日ご紹介するフードは、そんな腎臓疾患抱えているワンちゃんにオススメなドイツの老舗ドッグフード「Happy Dog」の食事療法食『サノN』をご紹介します。

 

スポンサーリンク

HAPPY DOGについて

HAPPY DOGはペット先進国ドイツの老舗ブランドのドッグフード。

ハッピードッグのフードは全て厳格なドイツの食品基準をクリアしたヒューマングレードの食材を使用し、バイエルン州ヴェーリンゲンの自社工場で生産されています。

そのラインナップも目的や成長段階に応じて23種類も展開されており、利便性も高いフードとなっています。

その中で食事療法としてのフードは「サノN」のみで、お値段もお手頃のためかハッピードッグファンに支持され続けているフードなのです。

スポンサーリンク

食事療法食「サノN」はこんなフード

腎臓や肝臓の機能が低下すると、体から老廃物を排出する機能が低下し老廃物中の毒素が血中に蓄積されるので体に負担がかかります。

この負担をなくすため、サノNには

リンの含有量を減らし、カルシウムとのバランスを最適に調整しています。

塩分控えめ低ナトリウムなので心臓病の愛犬にもオススメ。

粗タンパク質はわずか12.5%、リンの値も一般的なフード0.8~0.9%に対してサノNはわずか0.4%

それでは実際のフードを見ていきましょう。

写真は80g入りのお試し品になります。

ちょっと大きめ?

確かに大きい!1.5cm超えてますね。お口の小さいワンちゃんにはちょっとこのままでは食べづらいのでふやかしてあげましょう。

次に原材料と成分値を見てみます。

サノNの原材料・成分

原材料
トウモロコシ、米粉、ポテト粉末、牛脂、家禽脂、ミートミール(ビーフ、ポーク)、ビートファイバー*、乾燥全卵、加水分解レバー、ひまわり油、モルトスプラウト、サッカロマイセス・セレビシエ*、キャロット粉末、アルファルファ粉末、菜種油、塩化ナトリウム、ビタミン、ミネラル、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として) (*乾燥)
成分
粗タンパク質 - 12.5 %
粗脂肪 - 14.0 %
粗繊維 - 2.5 %
粗灰分 - 3.0 %
粗炭水化物 - 59.0 %
水分 - 9 %
カルシウム - 0.60 %
リン - 0.40 %
ナトリウム - 0.10 %
マグネシウム 0.08 %
カリウム - 0.45 %
代謝エネルギー:369.3kcal / 100g

腎臓病と肝臓病のケアで大切なことは、底タンパク質、低脂肪、低ナトリウム、低リンのフードを選んであげること。

サノNの成分値を見ていただくと、タンパク質、リンの含有量を大幅にカットしてあるのがわかります。また、カルシウムとリンのバランスも最適に調整してあるフードとなっています。

炭水化物成分値も59%と全体の半分以上になっていますので、うんち量は多めです。

ハッピードッグお客様の声

リピート購入です。腎臓に問題が有る愛犬の為の有難いフード。これからもお世話になります。

公式サイトお客様の声より

腎臓病の犬にとって、療養食の選択は悩みのタネ。体を維持する為にはまずは食べてもらわないと話になりません。サノNは非常に食いつきが良く、栄養バランスも腎臓病の事を考えて作られているので、とても満足しています。 配送も迅速で助かりました。

公式サイトお客様の声より

お店の梱包も問題なく、注文から数日で届きました。この商品は別のお店から購入してましたが、同じ値段だし、直サイトの方がいいかなーと思って今回初めて利用。これからもお願いします。

公式サイトお客様の声より

うちの犬には凄く指向性が良いです  ラッキーくん

公式サイトより

腎臓ケアのフードの中では油がベタベタしすぎてなく、本店で購入した分は古い感じもないです。一粒が大きいのも大型犬にはありがたいです。

公式サイトより

よくある質問

新しいフードに変えるときに注意することはありますか?
いつものフードに新しいフードを少しずつ加えるようにして、ゆっくり慣らしていってください。少なくとも3~4日くらい日にちをかけて慣らしていくのが理想的です。 成長期の愛犬、高齢の愛犬やおなかの弱い愛犬には、1~2週間の期間をかけてさらにゆっくり慣らしていきます。
フードを選ぶときに気をつけることを教えてください。
正しいフード選びにおいては、何よりもまず愛犬の体格や体質、生活環境などをよく観察することが大切です。体重管理が必要なのか、アレルギーがあるか、下痢をしやすいか、何歳か、運動量が豊富なのか等、それぞれの愛犬の個性やニーズにあわせたフードを選ぶことを心がけましょう。
ハッピードッグの動物性タンパク質(肉)の配合率について教えてください。
動物性タンパク質(肉)の配合率については統一された定義がなく、製造者ごとに解釈が異なります。フードの粗タンパク質全量に対する動物性タンパク質(肉)の配合率と定義するのであれば、ハッピードッグ全製品の動物性タンパク質(肉)の配合率はおよそ90%です。ハッピードッグは動物性タンパク質(肉)として、最高品質の乾燥肉粉「ミートミール」のみを使用しています。生肉を使用したフードに比べると動物性タンパク質(肉)の配合率が低く表記されますが、生肉には45~75%の水分が含まれており、水分には重さもあるので正確な比較にはなりません。また最終製品の水分含有量も製造者ごとに異なるので、動物性たんぱく質(肉)の配合率を厳密に比較することは難しいのです。
ハッピードッグのドライフードはどんなところが特別なのですか?
ハッピードッグは、自然に近い栄養バランスを目指したフードです。さまざまな動物から得られる高品質なタンパク質に、エネルギー源となる消化しやすい穀物、腸内環境を整えるチコリの根や、オメガ3,6脂肪酸をバランス良く含む亜麻の種(亜麻仁)、関節の健康に欠かせない緑イ貝、ペクチン豊富なりんご、体調を整える効能を持つ各種ハーブなどの厳選したナチュラル食材、そしてビタミン、ミネラルを理想的なバランスで配合し、特別なレシピで美味しく調理することで、愛犬のニーズに細かく対応しています。ハッピードッグは、独自のナチュラルライフコンセプト®に基づき、愛犬の健康な体作りに必要な食べ物は何かをホリスティックに考え、愛犬がさまざまな栄養素を効果的に摂取出来るようにバランスよく組み合わせています。
導入している品質管理基準を具体的に教えてください。
A IFS(インターナショナル・フード・スタンダード)認証を取得し、HACCP(ハサップまたはハセップ)の基準を導入した自社工場で、人間の食品規格に適合する安全でクオリティーの高い製品の製造を行っています。また工場内に併設された自社ラボにて、7名の専属研究員による原材料および最終製品の分析を行っており、IfU-LAT GmbH(外部食品センター)にて、定期的な検査も行っています。
成犬の一日の給餌回数を教えてください。
成犬の給餌回数は、1日に1~2回が理想的です。2回にする時もただフードを二等分するのではなく、朝1/3、夜2/3というように、給餌量に変化をつけてあげるのがいいでしょう。おなかの弱い愛犬には2回、できれば3回くらいに分けてフードをあげてください。
ドイツからの輸送方法と日本での保管方法を教えてください。
ドイツから日本へは船便を利用し、25℃以下のリーファーコンテナでおよそ40日間かけて輸送しています。日本到着後も常時25℃以下に設定された定温倉庫にて保管しております。

ハッピードッグ サノN 基本情報

 

価格・サイズ 1kg:2,376円(税込) 7.5kg:11,016円(税込) *定期購入でポイント10%還元
送料 全国一律540円(沖縄県・離島除く)、3,240円以上送料無料
産地 ドイツ
商品の特徴 腎臓・肝臓ケアフード

リンの含有量を減らしカルシウムとのバランスが最適に調整されている

低タンパク質レシピ

低ナトリウムで心臓病の愛犬にもおすすめ

グルテンフリー

獣医師推奨

粒の大きさ 大きい丸型
おすすめ成長段階・犬種 全犬種対応、成犬〜シニア犬の腎臓病、肝臓病疾患の愛犬

 

一般的に療法食フードは割高な傾向にありますが、ハッピードッグのサノMはとっても良心的な価格設定になっています。

腎臓や肝臓の疾患は内服薬で一時的によくなっても再発しやすく、どうしても長期戦になってしまうのでこの価格は嬉しいですね。

ハッピードッグは、ワールドプレミアム株式会社が正規日本輸入代理店となっております。

お求めは公式サイトまたはアマゾンや楽天ヤフーショッピングなどの通販サイト、もしくは一部日本橋三越ジョーカーなどで店頭販売もされていますよ。

注意! 外国産フードは並行輸入品に注意が必要です!

くれぐれも価格だけで選ばないようにしましょう。

その点公式サイトは安心です。

アマゾンや楽天でも比較してみたい方はこちらからどうぞ

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事