ハッピードッグ から待望の馬肉のフードが新登場!滋養強壮に優れた馬肉は只今人気急上昇中です

以前にもご紹介したドイツのドッグフード「HAPPY DOG」から、待望の馬肉が登場しました!

日本での発売開始は今年2月からで、まだ2ヶ月ちょっとですがハッピードッグの中でも人気が出てきているようです。

今日は高タンパク低脂肪、滋養強壮に優れた馬肉のドッグフード「【HAPPY DOG】モンタナ」のご紹介です。

スポンサーリンク
ブラバンソンヌ『300円お試しセット』

スポンサーリンク

ハッピードッグ9つの安心

ハッピードッグはドイツの老舗ブランド。

ペット先進国ドイツでプレミアムフード売り上げNo.1のナチュラルペットフードです。

「HAPPY DOG」が誕生したのは1965年ドイツ、バイエルン州の小さな町で、ミューラーさんが愛犬のために作ったドッグフードが始まり。

その後3世代にわたって大切に育てられ、現在世界67カ国で愛されています。

50年以上前からドッグフードが作られていたなんて驚きです!さすがペット先進国。

ハッピードッグはドイツの老舗ブランドだからできる経験と実績、知識に基づいた、グルテンフリー、グレインフリーの豊富なレシピで愛犬・愛猫のあらゆるニーズに対応すべく、食事療法食を含めた24種類ものフードの製造を行なっています。

そして設立以来常に

 厳格なドイツの食品基準をクリアしたヒューマングレードの食材を、地元バイエルン州の契約農家を中心に調達。

ドイツバイエルン州ヴェリーゲンの自社工場で製造。

副産物ミールは不使用。

遺伝子組換え作物は不使用。

化学合成された保存料、香料、着色料は一切不使用。

大豆、小麦、砂糖を含まない。

自社製品の検査・分析を行う研究所を完備。

動物を利用した商品テストは一切行わない。

家族経営の会社で大切に作っています。

この9つのポリシーを掲げ、ヒューマングレードと呼ばれる人間の食品と同基準の厳選した原材料を使用し、ペット栄養学に基づいたナチュラルで安全な食材をバランスよく組み合わせた健康的なドッグフードを作り続けているのです。

こちらの記事も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

HAPPY DOGセンシブル「モンタナ(馬肉)」はこんなフード

「モンタナ」は、滋養強壮に優れた良質な馬肉を使用し、グルテン・グレインフリーのレシピで調理した、理想的な栄養バランスのフードです。

馬肉は良質なタンパク質や鉄分・亜鉛を豊富に含む上、低脂肪、低カロリーでとってもヘルシー。

馬肉をポテトと組み合わせた特別なレシピは、お腹にもとっても優しいのでグルメなワンちゃんや好き嫌いのあるワンちゃん、食物に敏感なワンちゃんにも安心です。

また、馬肉には必須脂肪酸である注目のオメガ3, オメガ6脂肪酸が豊富に含まれているので、皮膚や被毛の維持にも最適。

健康と嗜好性にこだわった食物に敏感なワンちゃんにオススメなアレルギー対応のスペシャルレシピのフードになります。

馬肉の特徴

今、注目の動物性タンパク質「馬肉」

その特徴を見ていきましょう。

馬肉の特徴
・他のお肉と比べてこうタンパク質!  
 重要な動物性タンパク質が牛や豚の2倍以上。
・低カロリー
 高タンパク質でありながら低カロリーだからダイエットしたいワンちゃんにもぴったり!
・豊富なグリコーゲン  
 グリコーゲンは身体のエネルギーの基となる成分です。疲労回復や滋養強壮に働くため、体力の落ちたシニア犬に最適!
・高ビタミン  
 ビタミンAは皮膚や目などの粘膜機能を正常化する働きがあるので、毛並みの改善が期待できます。 ビタミンEは血行を良くし、体温維持、抵抗力を向上させます。
・カルシウム・鉄分
 カルシウム・鉄分といったミネラル類は犬にとっても欠かせない成分。カルシウムは牛や豚の3~4倍、鉄分も牛や豚、鶏と比べて3~4倍です。
・必須脂肪酸  
 オメガ3、オメガ6が豊富

 

 

次に実際のフードを見ていきましょう。

HAPPY DOGモンタナ

こちらは80gミニモンタナの試供品になります。

フードの色濃いですね。馬肉は赤身のお肉なのでこのような色になります。

粒の大きさは小粒(直径9~11mm/厚み4~6mm)になっています。

ピンとこないかもしれないので、ミックスベジタブルのグリンピースと比較してみました。

ミニモンタナは小型犬の成犬〜シニア犬向けなので、中大型犬用の「モンタナ」よりも小粒になっております。

フードボールに入れるとこんな感じですね。

我が家のシュナウザーとスコティッシュテリアは9kgぐらいなんですが、あっという間に完食でしたよ。嗜好性高いのわかりました♡

モンタナの原材料

原材料
ポテト*、ホースプロテイン(17.5%)*、ポテトプロテイン*、ひまわり油、ビートファイバー*、加水分解レバー、菜種油、アップルポマス*(1.3%)、塩化ナトリウム、イースト抽出物*、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、葉酸)、ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、その他栄養素(DLメチオニン、タウリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として) (*乾燥)
成分
粗タンパク質 - 21.0 %
粗脂肪 - 10.0 %
粗繊維 - 2.5 %
粗灰分 - 9.5 %
粗炭水化物 - 48.0 %
水分 - 9 %
カルシウム - 1.60 %
リン - 1.20 %
ナトリウム - 0.40 % マグネシウム 0.09 % カリウム - 0.75 % オメガ6脂肪酸 - 4.00 % オメガ3脂肪酸 - 0.50 % 代謝エネルギー:326.5kcal / 100g

原材料の表記は多い順に記すようになっています。見ていただくとわかりますがモンタナの原材料の一番初めはポテトとなっていますね。

これはお肉よりポテトの方が多いことを意味しています。

一般的なフードはお肉が一番最初に表記されているので、“えっ”と思った方も多いと思いのではないでしょうか?

こちらについては下記で載せてあります『よくある質問』をご覧ください。

ハッピードッグ製造元のInterquell社の考えがわかります。

また、気になる原材料としては「ビートファイバー」なのですが、このビートファイバーっていわゆる砂糖大根のことです。

砂糖大根から砂糖を抽出した後残る繊維分のこと。

人間用にもダイエット食品やサプリに使われてたりします。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、不溶性は吸収性があることから腸内のお掃除に役立ち腸の

蠕動運動を促してくれます。

水溶性は腸内善玉菌のエサになったり糖分の吸収をゆっくりにして血糖値の急上昇を抑える働きがあります。

悪いものではないのですが、その量がどれぐらい入っているかが不明なので気になるとことでしょうか。

モンタナ商品概要

価格・サイズ ミニモンタナ:300g1200円、1kg2,550円、4kg8,600円

モンタナ:1kg2,450円、4kg8,400円、10kg15,000円

産地 ドイツ
商品の特徴 グルテン、グレインフリーのレシピ

高タンパク低脂肪、滋養強壮に優れた馬肉を使用

アレルギー、皮膚被毛、消化器ケアに最適

好き嫌いの多いワンちゃんにもオススメの嗜好性の高いフード

動物性タンパク質 馬肉
おすすめ犬種 ミニモンタナ:小型犬の成犬

モンタナ:中大型犬

おすすめ成長段階 成犬〜シニア犬

 

よくある質問

ハッピードッグ製品の中には、動物性タンパク質が原材料表記の一番初めに来ていないものがありますがどうしてですか?
ハッピードッグは、複数種の動物性タンパク質(肉)をバランスよく組み合わせた多彩なレシピで愛犬のあらゆるニーズに対応しています。それぞれの動物性タンパク質(肉)は種類ごと(チキンミール、ラムミール、サーモンミール、ラビットミール等)に分けて表記されるので、個々の含有量は少なくみえますが、動物性タンパク質(肉)全体としては十分なバランスで配合されているのでご安心ください。また、タンパク質の所要量は、成長期の子犬や運動量が豊富な犬とシニア犬とでは異なります。子犬や運動量が豊富な犬は良質で豊富なタンパク質を必要としますが、シニア犬は内蔵に負担をかけないようタンパク質の含有量を減らす必要があります。動物性タンパク質(肉)の含有量が多いフードが高品質なフードとは限らないのです。
ハッピードッグの動物性タンパク質の配合率について教えてください
動物性タンパク質(肉)の配合率については統一された定義がなく、製造者ごとに解釈が異なります。フードの粗タンパク質全量に対する動物性タンパク質(肉)の配合率と定義するのであれば、ハッピードッグ全製品の動物性タンパク質(肉)の配合率はおよそ90%です。ハッピードッグは動物性タンパク質(肉)として、最高品質の乾燥肉粉「ミートミール」のみを使用しています。生肉を使用したフードに比べると動物性タンパク質(肉)の配合率が低く表記されますが、生肉には45~75%の水分が含まれており、水分には重さもあるので正確な比較にはなりません。また最終製品の水分含有量も製造者ごとに異なるので、動物性たんぱく質(肉)の配合率を厳密に比較することは難しいのです
「ミートミール」「グリーブス(脱脂内臓肉)」と表記された原材料について具体的に教えてください
「ミートミール」「グリーブス(脱脂内臓肉)」の原材料には、牛と豚のハラミ肉を概ね75%と25%の割合で使用しています。「ミートミール」は、リンとカルシウムをバランスよく含み、栄養豊富で消化吸収に優れた良質の動物性タンパク源となります。「グリーブス(脱脂内臓肉)」は、「ミートミール」と同じ原材料を脱脂し乾燥させたものです。
ハッピードッグのフードはどんなところが特別なのですか?
ハッピードッグは、自然に近い栄養バランスを目指したフードです。さまざまな動物から得られる高品質なタンパク質に、エネルギー源となる消化しやすい穀物、腸内環境を整えるチコリの根や、オメガ3,6脂肪酸をバランス良く含む亜麻の種(亜麻仁)、関節の健康に欠かせない緑イ貝、ペクチン豊富なりんご、体調を整える効能を持つ各種ハーブなどの厳選したナチュラル食材、そしてビタミン、ミネラルを理想的なバランスで配合し、特別なレシピで美味しく調理することで、愛犬のニーズに細かく対応しています。ハッピードッグは、独自のナチュラルライフコンセプト®に基づき、愛犬の健康な体作りに必要な食べ物は何かをホリスティックに考え、愛犬がさまざまな栄養素を効果的に摂取出来るようにバランスよく組み合わせています。
なぜお肉たっぷりなフードはよくないのですか?
近年、タンパク質と脂質の過剰摂取が愛犬の慢性的な病気の要因のひとつとなっています。肉を主食とするオオカミと、穀物を主食とする人間のパートナーとなったイヌには、身体的に大きな違いがあるのです。人間のパートナーとして自らの身体機能を適応させた上に、運動量の減少した現代のイヌには、たっぷりのお肉ではなく、良質なタンパク質を適度に含んだ栄養バランスの食事が必要です
新しいフードに変えるときに注意することはありますか?
いつものフードに新しいフードを少しずつ加えるようにして、ゆっくり慣らしていってください。少なくとも3~4日くらい日にちをかけて慣らしていくのが理想的です。 成長期の愛犬、高齢の愛犬やおなかの弱い愛犬には、1~2週間の期間をかけてさらにゆっくり慣らしていきます。
ドイツからの輸送方法と日本での保管方法を教えてください
ドイツから日本へは船便を利用し、25℃以下のリーファーコンテナでおよそ40日間かけて輸送しています。日本到着後も常時25℃以下に設定された定温倉庫にて保管しております。
導入している品質管理基準を具体的に教えてください
IFS(インターナショナル・フード・スタンダード)認証を取得し、HACCP(ハサップまたはハセップ)の基準を導入した自社工場で、人間の食品規格に適合する安全でクオリティーの高い製品の製造を行っています。また工場内に併設された自社ラボにて、7名の専属研究員による原材料および最終製品の分析を行っており、IfU-LAT GmbH(外部食品センター)にて、定期的な検査も行っています。

HAPPYDOGモンタナのまとめ

ハッピードッグは肉を主食とするオオカミと、穀物を主食に人間のパートナーとなった犬には、身体的に大きな違いがあり、人間のパートナーとして自らの身体機能を適応させた上に、運動量の減少した現代のイヌにたっぷりのお肉は必要ないという考えのもとで作られるレシピです。

ここがその他多数のフードとの大きな違いになります。

ハッピードッグが気になった方は、公式サイトか通販サイトが便利!

公式サイトだと、3240円以上で送料無料!会員登録することでポイントが貯まり次回のお買い物で利用できますよ。

1kg以上のフードがほとんどの中、ミニモンタナは300gの小袋があるのが嬉しい^ ^

せっかく買っても食べてくれなかったら無駄になってしまいますもんね。

送料はかかりますがお試しするんだったら300gの小袋使ってみて!

300gの扱いがあるのは公式サイトのみです。

 

一応アマゾン・楽天・ヤフーショッピングもチェックしてみたいって方はこちらからどうぞ。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事